1位

ソニー銀行 0.599% (変動セレクトローン)

1位はネット専業のソニー銀行がランクイン。0.599%は、変動金利型を選択しているときに、固定金利型を選択しているときよりも引き下げ幅が大きくなる変動セレクトローンの引き下げ後金利です。

出典: 住宅ローン|MONEYKit - ソニー銀行

2位

住信SBIネット銀行 0.675% (Mr.住宅ローン)

2位は、同じくネット専業の住信SBIネット銀行がランクイン。0.675%は、2013年11月から取り扱いを開始した自行ローン(Mr.住宅ローン)の通期引き下げプラン適用後金利です(基準金利から-2.1%引き下げ)。

出典: 住宅ローン|住信SBIネット銀行

3位

楽天銀行 0.718%(住宅ローン金利選択型)

3位も、ネット専業である楽天銀行がランクイン。楽天銀行では、従来より住宅金融支援機構のの「フラット35」を中心に扱ってきましたが、2013年11月から自行ローンの取り扱いを開始しています。

出典: 住宅ローン | 楽天銀行

参考記事

変動金利と固定金利、どちらが正解?

金利が魅力の変動金利型と、金利が変わらない安心感のある固定金利型。どちらを選ぶのが正解なのでしょうか?金利の動向が正確に読めないとしたら、もう一つの選択の基準と言える、その商品が自分に合っているかどうかという視点から考えてみるのも一手です。

出典: 変動金利と固定金利、どちらが正解? [住宅ローンの借入] All About