1.相手の目を見て会話する

会話下手と思いこんでいる人の大部分は、会話そのものよりも、相手と目を合わせるのが苦手な事が原因だったりします。相手と目を合わせるのが苦手な人も、簡単に克服できる方法があります。

出典: 好きな人と絶対仲良くなれる!? 初デート会話術 [永瀬久嗣の恋愛コラム] All About

2.あいづちをうつ

人は話をするときに、共感してほしいと思って話をすることが多いと思います。口下手な人は、相づちを打つときに相手と同じ表情を意識してください。

出典: 口下手でも大丈夫!会話を盛り上げるコツ [相沢あいの恋愛コラム] All About

3.好きなものについて狭く語る

普通の飲み会でも、話題を自分の好きなことに持ち込めば、たとえ相手が初対面だろうとトークのネタに困らずに人気者になれる!

出典: 会話のネタは「狭い」ほどモテる!の法則 [山口佐知子の恋愛コラム] All About

4.意外なところを褒める

褒め言葉は誰でも嬉しいもの。しかし、ベタな褒め言葉は白々しく響くこともあります。相手が意識していないポイント、普通の人は気付かないようなポイントを見つけて、そこをピンポイントに褒めることがコツです。

出典: 妻必見!キャバ嬢に学ぶ男ゴコロをわしづかみにする技 [夫婦関係] All About

5.出身地ネタをいくつか出す

同郷というだけで心の距離が一気に縮まることがあります。逆に全く接点のない土地の話でも、その地方にしか流れないCM、地元で人気のお店、食べ物の話題は聞いていても楽しいですよね!

出典: 【恋愛・出会い編】狙った相手に確実に響く会話術 [石田陽子の恋愛コラム] All About

6.異性が喜ぶ会話ネタを仕込んでおく

例えば男性なら、スポーツ、音楽、マンガ、ゲームなど……相手に合わせたネタを仕込んでおくと、自然と会話が弾んでイイ感じに!

出典: 男性が萌える話のネタの選び方 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

7.自分が話した後、相手に同じ話を振る

「昨日こんな失敗をしちゃったんです……○○さんはそんな失敗はありませんか?」という具合に、自分が話した後に質問という形で相手にボールを投げてみると会話が弾みますよ。

出典: 銀座ホステスに学ぶ話題づくりのコツ [話し方・伝え方] All About