第1の壁:年収103万円

「103万円の壁」どうして103万円なの?

パートや正社員などの給与所得者が年収103万円以下だと、税金面での優遇が。自分自身が所得税を払わなくていい上に、夫が配偶者控除を受けられて所得税が安くなります。だから「年収103万円以下に抑えて働くとお得」という考え方が広まっているのです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12056/

第2の壁:年収130万円

103万円だけではない 130万円にも扶養の壁

会社員や公務員の妻は、年収が130万円以下であれば年金保険料を納める必要ありません。健康保険も同様です。年収130万円というのは、健康保険や公的年金といった社会保険面で扶養に入れるかどうかのボーダーラインなのです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12044/

第3の壁:年収141万円

配偶者特別控除の「141万円の壁」は?

主婦が働きに出る場合、年収103万円や130万円を超えたら損? いえ、そんなことはありません。年収141万円までなら「配偶者特別控除」が受けられ、税金がお得になります。ただし、夫に所得制限がかかるなど、控除の適用には条件があるので注意を。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12041/

壁を越えると、税金面や手取り収入にこんな影響が!

主婦のパート「扶養範囲内がお得」は本当?

3つの壁を越えると一体どういう影響が? 税金や社会保険料の負担額も考慮して手取り収入を試算したら、意外な結果になりました。扶養範囲内などといって制限せず、頑張って年収160万円以上を目差すと、世帯収入もぐっとアップしますよ。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12076/

103万円を超えると世帯全体の手取りはどうなる?

年収103万円を越えると主婦本人に税金が発生し、夫の税金も増額するのは事実です。しかし、その増額分を吸収するほど収入がアップすれば、結果、世帯全体での手取りは増えることに。働き損にならないための条件を、ケーススタディをもとに検証しました。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/14647/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項