1.不満や意見は素直に伝える

相手に対する不満や自分の意見を素直に相手に伝えることが大切。話し合いや喧嘩をした方がお互いを知れて、より良い関係や絆を築けると思います。

出典: 不満や意見を素直に伝えて、相手とより良い関係へ! [恋愛] All About

2.依存や甘えを押し付けない

「依存し合わない、束縛しすぎない。」「好きだからやってもらって当然と思わない。」「常に一緒で同じことをしてなきゃいけないと思いこみ、相手に強制しない。」の3つが大切!

出典: 夫との仲を保つために心がけている3つのこと [恋愛] All About

3.ケンカについてのルールを決めておく

お互いの仲をいつまでも良好に保ちたいのであれば、「暴力は振るわない」「家族の悪口は言わない」など、ケンカのルールを決めることが大切です。

出典: 良好な関係を保つには、ケンカのルールを決めること [恋愛] All About

4.どんな細かいことにも反応する

反応してあげるということは、ちゃんと話を聞いている、あるいはちゃんと相手を意識している証拠です。相手を心から好きであれば、自然とできるものです。

出典: 心から好きならできる「どんなことにも反応すること」 [恋愛] All About

5.やはり定番…いってらっしゃいのチュー!

「いってらっしゃいのキス」と、感謝の言葉代わりの「愛してる」です。「愛してる」という言葉は、「ありがとう」より、一段上の感謝の気持ちが伝わるんじゃないかと夫婦のルールになっています。

出典: 「一段上の感謝の気持ち」を伝える夫婦のルール [恋愛] All About

6.感謝の気持ちは言葉で表す

カップルになると「してもらうこと」が徐々に当たり前になってしまいますが、それに対して感謝の気持ちを忘れずにいられるか、その都度伝えられるかどうか。そこがポイントになってくるのではないかと思います。

出典: カップルになっても感謝することを忘れない! [恋愛] All About

7.相手の気持ちを想像して思いやる

「相手の立場になって考えてみる」、親密度が増せば増すほど、重視していくべきポイントだと思います。

出典: 思いやり第一!相手の立場になって考える [恋愛] All About