自転車を二人乗りしたくなる『雨にぬれても』

『明日に向かって撃て』で、ポール・ニューマンとキャサリン・ロスが自転車を二人乗りしているシーンで流れるのが『雨にぬれても』。ほのぼのとしたシーンですが、その後の展開を知っていると、なんとも寂しい気持ちにもなってしまいます。

出典: 明日に向かって撃て [映画] All About

オールディーズに触れたいならコレ!

青春映画の傑作『アメリカン・グラフィティ』は、『ロック・アラウンド・ザ・クロック』、『ジョニー・B・グッド』などなど60年代あたりに流行したオールディーズが堪能できる作品。サントラはマストバイです!

出典: 甘酸っぱくもほろ苦い一夜を描いた青春映画 [映画] All About

ビートルズの初期代表作がそのまま映画に!

ザ・ビートルズの初主演作『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』は、全編がミュージッククリップのような映画。つまり、どこを切り取っても名曲ばかり! 同作のサントラ『ハード・デイズ・ナイト』はザ・ビートルズ初期の代表作としても知られています。ちなみに私はジョンの『恋におちたら』が好きです。

出典: 若きビートルズの1日半を追うドキュメンタリー風映画 [映画] All About

混沌とした時代のアメリカを音楽で追体験

エルビス・プレスリーの登場からベトナム戦争に伴うヒッピームーブメントの時代まで、『フォレスト・ガンプ』で使われている楽曲は、混沌としたアメリカの現代史を追体験できるラインアップ。サントラは2枚組の大ボリュームです。

出典: フォレスト・ガンプ/一期一会 - All About Good Answers

「いつものラ~メン」でおなじみ『ワイルドでいこう!』

映画は観たことがなくても、歌は知っているという人も多いであろう、『イージー・ライダー』の主題歌『ワイルドでいこう!(ボーン・トゥ・ビー・ワイルド)』。「いつものラ~メン」という空耳アワー的な方面でも有名です。

出典: イージー・ライダー [映画] All About

サイモン&ガーファンクルの名曲を聴くなら

物哀しく哲学的な歌詞の『サウンド・オブ・サイレンス』と、劇中に登場する人物の名がそのままタイトルになった『ミセス・ロビンソン』、恋の始まりと終わりを美しくも残酷に歌い上げた『4月になれば彼女は』……などなど、映画『卒業』にはサイモン&ガーファンクルの代表曲が詰まっています。

出典: 青春時代の揺れる青年の恋物語「卒業」 [映画] All About

聴けば自然と腰が動き出す『ステイン・アライヴ』

ジョン・トラボルタを一躍トップスターにした『サタデー・ナイト・フィーバー』。ビージーズが歌う主題歌『ステイン・アライヴ』は、ディスコ・サウンドのクラシックとしていまも愛され続けています。

出典: ディスコを題材にしたジョン・トラヴォルタの出世作! [映画] All About

サントラとポスターは90年代サブカル野郎の必需品

ロンドン五輪の開会式を演出し、いまやイギリスの国民的映画監督となったダニー・ボイル。同監督の出世作となる『トレインスポッティング』の音楽は、90年代サブカル野郎のアンセムとも呼べる『ボーン・スリッピー』を始め、どれも素晴らしい“歌”ばかり。『ラスト・フォー・ライフ』で突っ走り、『テンプテーション』でハイになり、『パーフェクト・デイ』でダウナーになろう!

出典: 陽気で悲惨な青春ドラマ「トレインスポッティング」 - All About Good Answers

サントラはエイミー・マンの代表作

どうにもうまくいかない人々の人生模様を描いた、ポール・トーマス・アンダーソンの『マグノリア』。エイミー・マンが歌う同作の劇中歌は、いずれも名曲ばかり! どれだけイイかと言うと、サントラだけ買うのもありなほどです。

出典: 物議を醸しだしたラストシーン「マグノリア」 - All About Good Answers

『雨に唄えば』でウルトラヴァイオレンス!

主題歌でもテーマソングでもないが、劇中でとても印象的な使われ方をしている曲と言えば、『時計じかけのオレンジ』における『雨に唄えば』。同名のミュージカル映画でもおなじみの同曲は「雨の中でも幸せ~」というポジティブな内容だが、『時計じかけのオレンジ』の主人公アレックスは、ソレをとてつもなく禍々しい行為に合わせて口ずさむ!

出典: 一度は見るべき!賛否両論の「時計じかけのオレンジ」 [映画] All About