魂を鼓舞したいならコレ

上司の胸毛をむしれ!「ドラゴンへの道」

世の中には2種類の映画がある。ブルース・リーが出演している映画と出演していない映画で、前者に共通しているのはすべてが傑作ということだ。なかでも本作「ドラゴンの道」は、絶妙なユーモアも散りばめられており、ブルース・リーの魅力がより強く感じられるはず。コロッセウムでくり広げられるチャック・ノリスとのタイマンバトルを見習って、口うるさいヤツラの胸毛をむしってやれ!(ダメです)。

出典: ブルース・リー監督・脚本・主演「ドラゴンへの道」 [映画] All About

でもやるんだよ!「ロッキー」

世の中には2種類の映(以下略)。説明不要、シルベスター・スタローンの大出世作で、「でもやるんだよ!」精神を描いた映画の金字塔。仕事でミスをして落ち込むのはわかる。しかし、やる時はやるしかない。ロッキーが偉大なのは、アポロと対等に戦ったからではない。アポロと戦う選択をしたから偉大なのだ。さあいますぐ上司の席へ向かい、とりあえず「やります」と言うべし!

出典: 生涯一度のアメリカンドリームを夢見て 「ロッキー」 [映画] All About

西部の男から学ぶならコレ

負けるとわかっていても戦え!「ワイルドバンチ」

もしあなたの犯したミスが取り返しのつかないものだったとしても、落ち込んでいては何も解決しない。負けるとわかっていても戦わなければいけない時があるのだ。「ワイルドバンチ」の男たちはソレを身を持って教えてくれる!

出典: アメリカ的独立精神を見つめ直した『ワイルドバンチ』 [映画] All About

成長して見返してやれ!「ネバダスミス」

荒くれ者たちに両親を殺された男の長きにわたる復讐の旅。復讐心だけに突き動かされていたマックイーンが、人々との出会いで心身ともに成長していく姿から学ぶことは多いはず。ミスで落ち込んでいるヒマがあったら、成長して見返してやれ!

出典: 人の感情と理性が見える面白い「ネバダスミス」 [映画] All About

いっそ逃げちまうか! と思ったらコレ

逃げるのではない、脱走するのだ「大脱走」

「逃げる」という表現はすごくマイナスなイメージだが、「脱走」となるとそうでもない。そういえば、クリント・イーストウッドもアルカトラズから脱走(脱獄)していた。ルパン三世も脱走の名人だ。つまり、ミスから逃げるのではなく脱走すると考えれば、少しは惨めな気持ちも収まるかもしれない。さあ、「大脱走」を観てミスからの脱走を準備しよう。

出典: 壮大な計画と過程にニヤリとさせられる映画「大脱走」 [映画] All About

逃げ続けた先に待つのは……「バニシング・ポイント」

もし逃げたらどうなるか? 当然、追われる。「バニシング・ポイント」のコワルスキーは警察から追われた挙げ句、最後に……。しかし、逃げているときのアナタは最高に輝き、そして人々を魅了するはずだ。プライマル・スクリームがコワルスキーに捧げた曲『バニシング・ポイント』を作ったことからもそれは明らかなのである!

出典: カーアクションの傑作「バニシング・ポイント」 [映画] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項