1. 管理職が注意すべきコミュニケーションとは

多くの企業では大学や新入社員教育でメール教育を受けていないメンバーが配属されます。取引先やお客さんとの信頼関係を損なわないためにも管理職はメンバーに対し適切なメール教育をしなければなりません。メールの使い方を教えるだけではなく、なぜそういう使い方をするのか背景もあわせて教えることが大切です。管理職としてビジネス用メールをどう教えればよいのか、ご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/427125/

2. 管理職がすべきメール書法マネジメント

メールは手紙と違い書法が確立しておらず、我流がほとんど。例えばビジネスメールでは署名をつけた方がよいと言われていますが、なぜ署名をつけるべきなのでしょうか。ビジネス用メールを体系的に解説します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/427127/

3. メールで失う職場の信頼

作成途中で送信されてしまった、社内の打ち合わせメールをお客さんに送信してしまったなど、ひやっとした経験はありませんか? 送ってはいけないメールとその注意点を解説します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/427134/

4. 効果的なビジネスメールはどう書く?

ビジネスメールを書く上でのポイントやメールソフトごとの注意点、アドレス帳を活用する上での注意点まで、解説します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/427144/

5. 効果的なメール処理法

効率のよいチェック方法から、受信メールの整理、ウイルス対策まで、効果的なメール処理の方法を紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/427250/

6. 管理職のためのメールマネジメント

メールマネジメントはメール書法だけではなくコミュニケーション全体に関わる問題です。しっかり取組み、対外的な信用力アップをはかりましょう。管理職として、売上を上げるために業務の仕組みを見直し、マネジメントしていく方法を解説します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/427253/

7. メールにまつわるコラム

知っていて損はなし! 「メールの@はいつできた」、「メールを送ることが法律のグレーゾーンだった時代があった」など、メールにまつわるトリビアを紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/427263/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項