ビジネスメールが上から目線

会社の上司や取引先とメールする際には、言葉遣いに細心の注意を払うもの。しかし中には、上から目線気味で「要回答」や「締切厳守」といった言葉を使ってしまう人もいるんだとか。それ以外にも顔文字やマークでいっぱいという人も。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/424933/

問題点の指摘ばかり(もちろん行動はしない)

問題点を指摘するのは悪いことではありません。しかし、指摘するだけでは何の解決にもなりません。口達者で行動しない部下を動かすコツも併せてご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/291816/

ふてくされる、責任転嫁……失敗したときの態度がNG

仕事をする上で、ミスや失敗は誰にもあるもの。問題は、そのときにどのように対処をするかです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/313352/

オンとオフを切り分け過ぎ

仕事とプライベートの切り分けは決して悪いことではない……どころか、当然の権利として積極的に行うべきことです。しかし、完全に切り分けて、緊急事態でも一切対応しないというのは考えものかもしれません。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/407863/

「メンド……」どころか論外、公私の区別がつかない社員

会社の備品を持って帰る、経費で友人と飲み会、ネットで会社の内情を暴露などなど……厄介どころか論外な社員たちの実情です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/313345/

「こいつメンド……」になってしまう原因は上司にもある!?

上司が“ダメな部下”を創り出すこともある

上司の考え方・行動が、実は“ダメな部下”を創り出すこともあります。上司の方は、部下に対して「こいつメンド……」と思う前にそういった可能性を考えてみるのもいいかもしれません。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/291729/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項