1.外務省 海外安全ホームページを熟読すること

海外安全ホームページ(外務省)の一歩進んだ読み方

「海外安全ホームページ」は外務省が各国の治安状況などに関してまとめている、旅行者にはお馴染みのホームページです。あまり気にしない人もいますが、各地の生の渡航情報を得る手段としては、大変便利なものです。今一度、その基本的な読み方から上級編まで確認してみましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/426964/

2.危険なエリアには絶対に行かないこと

無謀な冒険をしない

危険を避ける基本は、「危ない」と言われているエリアに近づかないこと! 旅行中に危険な目に遭わないために、あらかじめ犯罪の傾向と対策を知っておきましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/424062/

3.海外旅行保険に加入しておくこと

海外旅行保険とは?

病気やケガ、カバンを盗まれた、預けた手荷物が届かない、モノを壊して弁償するように言われたなど、海外旅行ではさまざまなトラブルが起こりえます。まさかのときのために、出発前に海外旅行保険に加入しておきましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/8644/

4.犯罪に遭ったときは大声を出すこと

いざというときに大声を出すコツ

突然の危険な事態に遭遇したとき、自分の身を守るためには「大声を出すこと」が大切です。大声を出す理由とは? そして、どうすれば大声が出せるようになるか、トレーニングの仕方はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/14952/

5.とっさの英語フレーズを暗記しておくこと

強盗、置き引き、スリ、ひったくり…とっさのひと言のための英語

海外旅行でお金を盗まれる、バッグをひったくられる、殴られる、しつこくつきまとわれる。こんな状況、できれば避けたいものですが、もしもの場合は「とっさの言葉」を覚えておきましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/59388/

6.日本の常識は世界で通用しないと知っておくこと

日本人は狙われている!

世界中どこへでも出かけて行く日本人旅行者ですが、安全に関しての意識が低い日本人は犯罪ターゲットとなりやすいです。なぜ日本人が狙われるか、またその対策をご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/179031/

7.見知らぬ人は近寄らせないこと

最初のコンタクトに気をつけろ!

笑顔で近づいてきたり、下手な日本語で話しかけられることもありますが、見知らぬ人は「近寄らせない」ことがまず第一の対応法です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/179031/2/

8.日本人だからといって信用しないこと

日本人に騙されることもある

海外旅行中に日本人と知り合うと、同じ日本人ということで簡単に心を許してしまいがちですが、これも注意が必要です。日本人が日本人に騙されるケースは男女とも被害が発生しています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/55854/

9.セーフティ・ボックスは過度に信用しないこと

海外自己防衛のポイント

貴重品は常時、身につけておくように用心しましょう。客室備え付けのセーフティ・ボックスは過度に信用しないことです。そもそも、海外によほどの貴重品は持っていかないことが原則です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/55853/3/

10.クレジットカードの利用は気をつけること

海外でのカード払いは慎重に!

現地通貨に両替しなくても買い物ができるクレジットカードは海外旅行になくてはならぬもの。しかしその一方で、スキミングなどの被害にあう人も増えてきています。被害を防ぐために大切なことは、まず、「この店なら信用できる」と確信が持てる店でのみクレジットカードを使うことです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/9506/

海外旅行のトラブル体験談も要チェック!

海外旅行のトラブル情報口コミ・体験談

タクシーでのトラブルや観光名所での写真撮影のチップ請求など、海外旅行のトラブル情報の体験談はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gl/24877/