怒りレベル「おこ」のときにやること

上手な応え方、かわし方を身につける

面倒な上司ほど、応戦するのは体力を消費するもの。いなすテクニックを身に付ければ、ストレスのない会社生活が送れるかもしれません。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/291840/

上司のコーチングに目覚めてみる

コーチングという観点から見れば、クソ上司との出会いは自身が成長するチャンスかもしれません。そうです、あなたが上司をコーチングしてしまうのです!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/291705/

怒りレベル「激おこ」のときにやること!

“アンガーコントロール”でうまく怒る

理不尽な状況に対して、ハッキリと怒りを示すことも時には必要です。しかし、怒りを“爆発させる”のはリスクが高いかもしれません。そんなときは“アンガーコントロール”=怒りのコントロールを意識してみましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/291897/

「倍返しだ!」と言う日に備えて思考を鍛える

「それでもやっぱりクソ上司をギャフンと言わせたい!」と考える人もいるでしょう。しかし冷静になりましょう。「倍返しだ!」と言った後のことまで考えてこその倍返しです。来たるべき「倍返しだ!」の日に備え、ロジカルシンキングを身につけておきしょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/297538/

怒りレベル「激おこプンプン丸」のときにやることぉぉぉ!!!

復讐ドラマ『リベンジ』を観てスッキリする

海外で大ヒット、日本でも注目が集まっている米ドラマ『リベンジ』は、タイトルにもある通り“復讐”がテーマの作品。日曜日は『半沢直樹』、平日は『リベンジ』を見て、復讐ムードに浸る日々を送ってみるのもいいかもしれません。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/405456/3/

不満を投稿サービスにぶちまけてスッキリする

All Aboutの会員制サービス“Good Answers”のコミュニティでは、日々さまざまなテーマでの意見交換が行われています。そしてその中には、上司に物申したい人(褒めたい人もOK)にオススメのテーマも。怒りの気持ちをテキストにすればある程度気持ちも落ち着くでしょうし、他ユーザーの意見も参考になるはず。

出典: http://answers.withabout.jp/gac/community/full/2473/

それにしても「半沢直樹」はオモシロイですよね

敵味方がはっきりとしていて爽快

ドラマガイドの黒田さんは「半沢直樹」の魅力について“主人公が仕事ができる、敵・味方がはっきりしてる、最後に主人公が(たぶん)勝つの三点”といった点を挙げています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/423015/

題名が“姓名”なのもヒットの要因?

ドラマの内容が優れているのはもちろん、主人公の姓名がタイトルというインパクトも少なからずヒットの要因になっているのかもしれません。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/424381/