意見を言う=モンスターペアレントではない

「学校にいじめの相談をしてもいい?」→勇気を持って相談を

お子さんがいじめにあっている場合、何もせずにいじめが自然になくなるということはありません。何もしなければいじめはエスカレートするばかりです。いじめの相談はモンスターペアレントではありません。勇気をもって学校に相談してください。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/420024/

子どものけんかに口を出すのはOK? NG?

「子どものけんかに介入すべき?」→時と場合による

子どものけんかに介入すべき、介入すべきではない、これはどちらも「アリ」。ただ、何が客観的に見てベストチョイスなのか、時と場合に応じて使い分けが必要です。その「時と場合」を考えてみましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/198346/

モンスターペアレントになる「理不尽なクレーム」とは…?

「休んだ1週間分の給食費を返してほしい」→NG

モンスターペアレントは、学校に言いがかりとも言えるようなクレームをつけることも。「自分の子供がけがをして休む。けがをさせた子供も休ませろ」「親同士の仲が悪いから、子供を別の学級にしてくれ」「休んだ1週間分の給食費を返してほしい」などクレームの内容は驚くほど多岐に渡ります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/198371/

「授業参観でビデオや写真を撮影する」→NG

モンスターペアレントがいるのは公立校だけではありません。私立の小学校でも非常識な行動をする困った保護者が現れているそう。授業参観でビデオや写真を撮影する親もその一例。そのほかにも校長などに自分勝手な要求や文句を言ってくる、自分の子どもの宿題の内容にまで文句をつけたり、自分の子どもだけ免除してくれと言ってくるといった親も。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/50843/

「運動会で自己中心的な場所取りをする」→NG

運動会では、場所取りやビデオ撮影、写真撮影など自分の子どもしか目に入らず、自己中心的な行動をしてしまう親御さんがいるようです。運動会はお祭りではなく、教育の一環だということを忘れないようにして、運動会を楽しみたいですね。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/184303/

モンスターペアレントにならないためにはどうしたらいい?

モンスターペアレントには2タイプある

親なら誰でもが持つ「わが子かわいさ」には落とし穴があります。わが子かわいさが極まって、まわりの子どもたちみんなに不利益をもたらすとしたら、結局わが子にも不利益が戻ってきます。モンスターペアレントにならないために押さえておきたい2つのポイントはこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/415296/

あなたは大丈夫? モンスターペアレント診断

タイプ別アドバイス付き モンスターペアレント診断

きっかけ次第で、誰もがモンスターペアレントになってしまう可能性があります。そのときに一番大事なのは、周りとのコミュニケーション。自分は不満や怒りを感じたときにどういう傾向があるのか? それに気づくことで、自分を客観的に見ることができ、より良いコミュニケーションを取れるようになるでしょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/197841/