投資信託のタイプをまずはチェック!

ファンドのタイプと選ぶポイント

数多くある投資信託から、いったいどれを選んだらいいのかと迷ってしまってはいないでしょうか。そこで、投資信託の種類について紹介します。大きく分けると、「国内株タイプ」「国内債券タイプ」「外国株タイプ」「外国債券タイプ」「バランス型」「その他」と6つのタイプがあります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/9758/

投資信託ビギナーの目的別おすすめファンド診断

興味はあっても、「たくさん種類があって、どの投資信託を選べばいいのかわからない」という人も多いのでは?質問に答えていくだけで、自動的にあなたに合った投資信託を選んでくれます。投資信託選びに困っているのでしたら、ぜひ試してみませんか?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/11530/

運用スタイルから選ぶ

投信のインデックスとアクティブ、どっちを選ぶ!?

投資信託は運用スタイルで「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2種類に分かれます。それぞれの特徴の違い、強みや弱みについて解説します。さあ、あなたはインデックス派?それともアクティブ派?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/380283/

投資信託選び、運用会社のココを押さえる!

プロに運用をおまかせできるのが投資信託のメリット。ただし、「どのプロに運用をまかせるか」によって未来は違ってきます。信頼できる運用会社をみつけるための5つのチェックポイントをご紹介しましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/324331/

投資初心者は少額からの投信積立にトライしてみよう!

初心者にオススメな投資信託の積立って?

世界中の資産に手軽に分散投資できる投資信託は初心者にも最適なツール。そして購入する際は、積立で始めるのがオススメです。投信積立が初心者に向いてるワケをご紹介します!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/393152/

投資信託の人気ランキングも参考に!

投資信託の人気ランキングはこの半年で大きく変動

2013年の上半期が終了しましたが、投資信託の純資産総額ランキングを見ると、2012年末と大幅に変化していることがわかります。オーストラリアの債券で運用される投資信託からは資金が流失、米国REITを投資対象とする投資信託には資金が大幅に流入しています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/422989/