葉物野菜の保存方法

キャベツの保存方法

年中食べることのできるキャベツですが、春のキャベツと冬のキャベツでは見た目も、葉の柔らかも違います。保存方法も季節によって異なります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4833/

レタスの保存方法

レタスは全体の9割以上が水分でできている、なんともみずみずしい野菜。痛みやすい野菜なので、早めに食べきったり、乾燥しないよう保存に注意が必要です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/7024/

白菜の保存方法

白菜も全体の9割以上が水分でできています。白菜の成長を止めて保存しましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4839/

ほうれん草の保存方法

野菜は育っていたときと同じ状態で保存するとよいです。ほうれん草は立てて保存しましょう。すぐ使わない場合は冷凍保存も可能です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4843/

小松菜の保存方法

小松菜は多くの栄養素をまんべんなく含んでいる、自然のサプリメントのような野菜。デリケートで傷みやすいので、できるだけ早く食べるのがおすすめ。保存のコツはこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4846/

水菜の保存方法

鍋の具材に、漬物に、サラダに、と大活躍の水菜。保存方法はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4853/

根菜類の保存方法

にんじんの保存方法

根菜の中で、唯一カロテン含有量が多く、緑黄色野菜に分類されるのがにんじんです。乾燥に弱く、黒ずみやすいので、保存には気をつけましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/7036/

大根の保存方法

冬野菜として知られている大根は、寒い季節になると水分と甘みが増し、旬を迎えます。カット大根は、切り口から水分が蒸発しないようにしましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/7030/

かぶの保存方法

葉から水分が蒸発し、すができやすくなります。保存するときは葉を落としてから。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/7039/

れんこんの保存方法

れんこんは切り口から黒ずんでくるので、2~3日以内に食べきるようにしましょう。保存方法はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/7033/

イモ類の保存方法

じゃがいもの保存方法

日に当てると発芽してしまいます。芽にはソラニンという有毒物質があるので、日に当てないようしましょう。保存方法はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/7027/

さつまいもの保存方法

9月から11月にかけて収穫されるさつまいも。実は時間をおいて、水分を蒸発させると、味がのって、よりおいしくなります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/15177/

さといも(里芋)の保存方法

和食には欠かせない野菜のひとつである里芋。暑い地域が原産のため、寒さと乾燥が苦手です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/19557/

茎菜類の保存方法

ねぎの保存方法

冬場になると、おいしさがより一層増すねぎ。乾燥に弱く、しなびやすいので、次のポイントを押さえて保存しましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4850/

たまねぎ(玉葱)の保存方法

湿気やムレによって、腐りやすいので、風通しのよいところで保存するのがおすすめです。保存方法はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/7042/

にんにくの保存方法

にんにくは傷みやすいので保存できるのは短期間です。にんにくの発芽を遅らせるのがポイントです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4866/

アスパラガスの保存方法

アスパラガスは鮮度が落ちるのが早いので、固めにゆでたものを冷凍保存するのもおすすめです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4862/

果菜類の保存方法

トマトの保存方法

完熟していないトマトは低温に弱いので、緑色の部分が少しでもあるようなら、常温で追熟させます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4801/

ピーマンの保存方法

ビタミンCが豊富で、美肌にうれしいカロテンやビタミンEまで含むピーマン。保存方法はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4817/

なすの保存方法

なすは低温に弱いので、できれば常温保存を。詳しい保存方法はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4810/

きゅうりの保存方法

冷やしすぎると、ビタミンCが減少し、苦みが増すので、冷やしすぎに気をつける必要があります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4820/

かぼちゃの保存方法

かぼちゃは、丸ごとの場合は涼しくて、風通しのよいところで保存すれば1~2ヶ月もちます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4807/

発芽野菜の保存方法

もやしの保存方法

もやしは日持ちしない食材ですが、冷蔵・冷凍どちらでも保存が可能。保存のポイントはこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4857/

花菜類の保存方法

ブロッコリーの保存方法

ブロッコリーは冷蔵保存・冷凍保存が可能です。冷蔵保存・冷凍保存のコツはこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4858/

菌茸類の保存方法

しいたけ(椎茸)の保存方法

傷みやすく、湿気に弱いしいたけ。1週間以内に食べきるようにしましょう。保存方法はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/7046/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項