夫婦におすすめな生命保険とは?

イザというときに「死亡保険金額」っていくら必要なの?

突然の病気や不慮の事故で生計の担い手をなくしてしまった場合など、イザというときのために助けになるのが生命保険(死亡保険)です。保障額はいくらぐらい必要なのでしょうか?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/398161/

「収入保障保険」で夫の死亡保障を割安に確保

一家の生計を担っている大黒柱の死亡保障は、どんな点を考慮すればいいのでしょうか? おすすめなのは保険料も安く、一定期間の保障を確保できる「収入保障保険」です。具体的な商品と併せて確認してみましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/398192/

専業主婦は子どもが小さい間は「定期保険」で備えよう

死亡保障が必要ないと考えがちな専業主婦でも、子どもが小さいうちは養育のための費用+家計コスト増分を保険で準備しておきたいものです。妻におすすめな「定期保険」の特長を、具体的な商品とともに確認してみましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/398194/

共働きの夫婦に必要な死亡保障の選び方

生計を2人で支えている「共働きの夫婦」。彼らに必要な死亡保障の考え方とは? 共働き夫婦におすすめな2000万円前後の死亡保障を確保できる「収入保障保険」と「定期保険」商品を確認してみましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/398195/

★ 併せてチェック ★具体的な保険料についても確認してみよう!

生命保険料のかけ過ぎの見極め方

ムダな保険料を払わないためにも、ちょうどいいサイズの保険金でかけることが大切な生命保険(死亡保険)。保険料をかけ過ぎていないか、2つの表でチェックしてみましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/416156/

夫婦で月1万数千円!子育て世代の保険料の目安額

医療保障に加えて死亡保障も必要になってくる子育て世代。当然、シングル時代に比べて保険料負担は大きくなります。どれくらいが目安と考えればいいでしょうか? 見直しの際の判断材料としても要チェック!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/383957/

月1万円!子どものいない30代夫婦の保険料目安額

支払っている保険料が標準的な家庭と比べて多いのか少ないのか、気になるものですよね。30代の子どものいない夫婦の保険料目安を3つのケースで調べてみたところ、最も高くなるケースでも月1万円程度で必要な保障がまかなえるとのこと!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/419933/