寝苦しい夜の正しいエアコンの使用法

寝室のエアコンは、就寝2時間前になったら26℃の風量強めでスイッチを入れ、部屋の壁まで冷やしておくことが夏の快眠を得るための重要なポイントです!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/416153/

背中の湿度を下げる、頭を冷やすなども効果的

背中の湿度を下げるために、吸湿放湿性にとんだ敷き寝具をマットレスの上に敷いたり、頭を氷枕などで冷やすことも効果的です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/417210/

家の中の一番涼しい場所で寝る

季節によって眠る場所を変える、という人が実は4割もいるそうです。暑い夏はリビングやベランダなどで寝るというのもひとつの手かも!?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/381595/

眠る前には明るい画面を間近で見ない

アメリカの研究チームによると、30ルクス以下の明るさにすれば、睡眠に対する悪影響が少なくなるそうです。画面から35センチ程度離れれば、一般的なタブレット端末やスマートフォンなら30ルクス以下に抑えられそうです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/421296/

必ず水分を取ってから寝る

熱中症やその他の病気の予防のため、夏は眠る前に500ミリリットル以上の水分を取ってから寝ましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/382580/

それでも眠れない場合には……

寝酒に頼ってみましょう

「ビトウィーン・ザ・シーツ」というカクテルなどいかがでしょうか? 材料は、ブランデーとホワイト・ラム、ホワイト・キュラソーを同じ分量ずつと、レモン・ジュースをティー・スプーン1杯です。口当たりがいいお酒です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/390784/