熱中症の予防法

熱中症の予防・対策

時として命に関わる熱中症は、ちょっとした心がけで予防することができます。
現役の小児科医氏が、休憩の取り方や、帽子や衣類の工夫、水分補給のコツなど、正しい予防のポイントを紹介しています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302558/

「熱中症」重症度でチェック! 知っておきたい応急手当法

熱中症の重症度とその対処方法

熱中症を疑う症状があれば、まずは、意識の状態を見ましょう。
意識が無い場合は救急隊に連絡した方がいいでしょう。意識がある場合は、まずは、涼しい所に移動させましょう。
・・・次の処置は記事をご覧ください!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/393610/

熱中症予防と対策の基本は、やっぱり「水分補給」!!

過信は禁物! 熱中症を招く「かくれ脱水」とは?

体力に自信があって、自分は大丈夫だと過信している人こそ注意が必要な熱中症。炎天下の屋外で起きる症状だと思われがちですが、それだけではありません。自覚症状のない「かくれ脱水」について知ることも大切です。本格的な夏の訪れ前に、簡単に予防できる熱中症対策をしましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/421127/

熱中症予防はこまめな水分補給を

熱中症は、実は室内でも起こる可能性があります。
特に子どもや高齢者は要注意!
栄養学の専門家が、熱中症の予防対策としての水分補給のポイントをご紹介しています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/301323/

快眠のコツは、上手にエアコンを使うこと

「3つの快眠のコツ」でグッスリ眠ろう!

夏は特に節電の意識が高まるため、エアコンをつけずに我慢する人も増えます。
しかし、それで不眠になって不健康になっては元も子もありません!
上手にエアコンを使うことで、快眠を得られ、健やかな夏を過ごすコツを「睡眠」の専門家がご紹介しています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/419545/