歌舞伎座へ行こう!

新生『歌舞伎座』、劇場内部潜入レポート!

約3年間の工事を終え、銀座で一番高い29階建てのビル・歌舞伎座タワーを従えて完成した新しい歌舞伎座は、1889年(明治22年)に初代歌舞伎座が開場してから五代目。世界で唯一の歌舞伎専用劇場、その新たな魅力をご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/413601/

歌舞伎を観よう!

はじめての歌舞伎観劇3ステップ【その1】

ステップ1: 見たい日を決める

ステップ2: 出演者と演目をしらべる

「そもそも歌舞伎ってどうしたら観られるの?」興味があっても、つまずくのが最初のこの一歩。
実は歌舞伎観劇は皆さんが想像するよりも敷居が低いんです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/416488/

はじめての歌舞伎観劇3ステップ【その2】

ステップ3: チケットを買う

「このひとを見てみたい!」と思った役者さんが出ている月が確認できたら、今度は演目選びです。
演目選びのコツや、チケットの買い方をご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/416512/

オススメ演目とみどころ

ドロドロした男女の愛憎劇が好きなら! -「東海道四谷怪談」-

鶴屋南北の大傑作「東海道四谷怪談」。人間の深層をえぐるホラーの傑作です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/418737/

都に捨てられ、都を捨てた。ドラマティックな展開に釘付け! -「俊寛」-

俊寛(しゅんかん)の作者は、あの近松門左衛門。かつて教科書で名前を見ただけのひとかもしれませんが、実にドラマティックで人間の深層に切り込む脚本の見事さで、現代に生きる私たちの心を揺さぶります。
男女を問わず、深い感銘を受けることができるはずです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/418730/

江戸一番の伊達男×吉原一の花魁。突き抜けた華やかさ! -助六由縁江戸桜-

助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)には、正直物語性はほとんどありません。
あるのは、ひたすら江戸の粋。
江戸歌舞伎のおおらかな魅力にあふれた演目で、歌舞伎と言えばコレ!というファンも少なくありません。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/418768/