STEP1 : そもそも「お金教育」とは?学ぶことからスタート!

なぜ、子どもへの「金融教育」は必要なの?

「金融リテラシー」という言葉を聞いたことがありますか? なぜいま金融教育が必要なのか、改めて考えてみるヒントがたくさんあります!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/408472/

いつから?いくら?おこづかいにみる子どもへの金銭教育のポイント

金銭教育の一環として、子どもへおこづかい制度を採用しているご家庭は多いかもしませんね。では具体的に、おこづかいはいつから始めるのがいいのでしょうか?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/413605/

STEP2 : いざ実践!家計視点からも「お金教育」を取り入れよう

家計管理も重要な子どもの金銭教育!

子どもの金銭感覚を作るのは、親のお金の使い方次第?! 親自身が良い金銭感覚を身に付け、家計を上手に管理できれば、子どもの金銭感覚も自然と育ちます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/414785/

子どもに携帯や電子マネーを与える時のポイント

子どもが携帯やPCを使う機会が増える一方で、想定外の費用請求をされるトラブルも。子どもに機器を与えるだけでなく、お金の大切さやお金のしくみなどを教えることが重要と言えそうです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/407860/

一挙両得!子どもの携帯通信費アップを抑えるコツを利用したお金教育

子どもの携帯代による家計への影響がどのくらいであるか、答えられますか? 通信費アップを抑えるコツが、子どものお金教育としても一役買いそうです!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/412712/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項