結納ってだいたいいくらくらいなの?

結納は婚約を両家で約束する行事。地方によってもしきたりが異なり、形式ばったセレモニーと省略するカップルも増えてきました。とはいっても、 結納を実施するかどうかは、結納の事情を知ってから考えたいもの。結納にかかるお金など気になるデータをご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/397986/2/

結婚までに貯金、だいたいどれくらい必要?

その家々の事情によって変わってきますが、標準的なパターンで考えると、結婚式や披露宴、新婚旅行などのイベントの費用が150万円、新居の敷金礼金や家具・家電のお金など新生活の準備資金が100万円、新生活の予備費として50万円の、300万円が目安となります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/19621/

むむむ、やっぱり結構かかりますね……。お得な情報はありませんか……?

結婚式の費用予算管理のコツ

見積りよりも実際の金額が多くなってしまう場合がほとんどなので、なるべく予算内に収めるため、3つのコツを伝授します。
■内容をグレードアップしたりしていると、あっという間に数十万円の上乗せなんて事態になりがちなので、「一生に一度」という言葉に惑わされず、ある程度割り切ることも必要です
■最初から料金アップすることを前提に、予算の金額を少し低く設定しておきましょう
■優先順位が高いものにはお金をかけ、優先順位が低いものは思い切ってカットするなど、メリハリのある式にしましょう

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/404753/

結婚式をお得に挙げる方法

結婚式をお得に挙げるためのポイントを以下にあげます。
■夏や冬のオフシーズン、仏滅や平日は多くの会場を選んでみましょう
■会場によって値段は大きく違うので会場選びは慎重に。ブライダルフェアなどの特典を利用しましょう
■お色直しの回数を減らすなど、衣装代の再考を。外部で借りたほうが安い場合もあるので、検討してみましょう
■節約ではなく、席次表や招待状などのペーパー類を手作りしたり、ブーケの制作を友人に頼むなど手作りをこだわりのように演出するのもひとつの手でしょう
■カード払いができる会場であれば、カード払いにしてポイントをゲットしましょう

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/416245/

ちなみに、ご祝儀はだいたいこのくらいだそうです

結婚式にかかるお金の平均は356万円だそうです。そして、ご祝儀の平均は224万円だそうです。差額は132万円になります。ちなみに上の『結婚までに貯金、だいたいどれくらい必要?』で結婚費用としてでてきたのは、結婚式にかかる費用からご祝儀を抜いた金額です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12010/