必要なお金についての考え方

教育費はどこくらい貯めればいい?

子供も教育にはいくらかかるのか、今から貯めるて間に合うのかと不安な人も多いのでは。この教育費とどう向き合い、どう貯めていくとよいをご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/401400/

教育費以外でかかるお金は?

子どもを1人育てるには、教育費や養育費などたくさんの費用がかかります。いくらくらいかかるのでしょうか。しっかり備えておきましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12003/

保険についての考え方

子どもが生まれた人は無保険から脱出を

子どもが生まれたら、無保険からぜひとも脱出したいもの。子どもが生まれるまで無保険だった人にまず必要な保障はこちらです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/393560/

一家の生計の担い手に必要な保障はどのくらい?

一家の生計の担い手に必要な保障はいくらぐらい必要なのでしょうか。おすすめ保険とともにご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/400694/

妻にも夫並みの医療保障が必要な理由

生計の担い手ではない妻の医療保険は要らないと考えがちですが、子どもがいる人は夫並みの医療保障が必要です。その理由とは?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/400695/

貯蓄についての考え方

給料の何%を貯蓄にまわせばいい?

給料の何%を貯蓄にまわせばよいのでしょうか? 世帯構成や生活様式によって貯蓄がいくらできるかは変わってくるので、正解はありません。子育て期の貯蓄の目安をお伝えします。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/371368/2/

ネット銀行で子供のお金を貯めるならこの3行

子供名義の貯金、どうしていますか? おもな都市銀行やゆうちょ銀行では、たいてい未成年名義でも口座が開けますが、ネット銀行で未成年名義でも口座開設ができて、子どものお金を貯めるのに使い勝手がよいネット銀行をこの3行です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/419455/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項