日本椅子の原型のひとつ「小椅子」

この椅子が生まれたのは、1953年頃。20世紀の近代建築家・巨匠のひとりル・コルビュジェのもとで修行し帰国した建築家:坂倉準三建築事務所のデザイン(担当:長大作)です。木目についた丸いポッチがひょうきんな動物の顔のようで愛嬌がありますね。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/40247/

日本人の椅子「低座椅子」

今年86歳の現役デザイナー:長大作氏が、1960年、坂倉準三建築研究所時代に担当した住宅のためにデザインした椅子です。住まい手の方からの「着物で座ってテレビを見ることができる椅子」という要望を実現したそうです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/40344/

ローコスト椅子「ヒモイス」

いまだ物資も加工のための機械もない、戦後間もない頃に日本のデザイン界をリードし続ける渡辺力氏が作った、処女作の椅子です。直木材+ひもによる椅子で、すべてをそぎ落とした単純な形状には素朴さと民族的な匂いを感じます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/40345/

東洋からのメッセージ「空海の椅子」

喜多俊之氏がデザインした、空海の名を冠した椅子です。空海が描かれている絵の中にあった椅子にヒントを得て、この椅子を制作したそうです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/178503/

家具モデラーがデザインした椅子「ボスコ」

日本一ともいわれる、大変著名なモデラーの宮本茂紀氏がデザインし、製作した椅子です。緩やかにカーブを描き、スーと上部に伸びる背(ハイバック)が象徴かつ特徴的で、キリっとした風格のある『顔』をしています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/44197/

木メッシュの椅子「Mチェア」

三井緑氏がデザインしたこの椅子は、全体フォルムはベーシック(基本形)ですが、よく見ると背や座面のディテール(詳細)が特徴的です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/43104/

日本発 カートンファニチャー「リキスツール」

カートン=厚紙製の箱ということで、その名の通り紙製の家具のシリーズで、デザイナーの渡辺力氏がデザインしました。中でもスツールは“リキスツール”ともいわれ、渡辺氏の代表作のひとつになっています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/394083/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項