「タイプ分け」をして、それぞれのタイプごとに対応する

リーダータイプの「コントローラー」、気配り上手の「サポーター」、アイディアマンの「プロモーター」、客観的な視点で問題解決を図る「アナライザー」に分類できます。それぞれのタイプにより、付き合い方は変えましょう。
「コントローラー」には単刀直入に話をして、彼らをコントロールしようとするのはやめましょう。
「サポーター」は、彼らのことを認めてあげて、ノーといってもいいという空気を作ってあげましょう。
「プロモーター」のアイディアを引き出してあげましょう。アイディアが出てきすぎて散漫になることが多いので、話し合いは焦点を絞りましょう。
「アナライザー」には性急な変化を求めず、彼らがデータを必要としていることを理解してあげましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/393804/

対立する傾向がある人たちとうまく付き合う方法

対立する傾向にある人というのは、「攻撃的タイプ」「不平不満タイプ」「沈黙タイプ」の3タイプに分けられます。このような人たちへの対処法は、以下のような感じです。
「攻撃的タイプ」には、弱みを見せてはいけません。相手が冷静になるまで待ち、合意できる点を見つけると相手が混乱します。
「不平不満タイプ」は、とにかく話を聞いてあげることが重要です。話を理解しても同意はせず、多くの選択肢を提示してあげてください。
「沈黙タイプ」には、相手を否定する質門をしてはいけません。また、相手に関心を持っていることを示してあげましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/313293/2/

イライラさせられる人とうまく付き合う方法

約束や締め切りを守らなかったり、相手のことも考えずコロコロと変わったり……、こういった人にはイライラしてしまいますよね。ですが、当事者間で本当に同意できていたでしょうか?イライラしないためには、真の意味での同意が必要です。お互いの理解やイメージをすりあわせたり、はっきりとリクエストをするなどして、同意を明確なものにしましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/417282/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項