既に救急搬送者が急増中・・・「熱中症」を防ぐには?

熱中症の予防・対策

時として命に関わる熱中症は、ちょっとした心がけで予防することができます。
コツは、次の3点!
・気温と湿度の把握
・衣服の工夫
・ドリンクの飲み方
これを気をつけるだけで、「熱中症」をある程度予防することができます。今夏をより健やかに過ごすために、注意してみてください。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302558/

熱中症対策に! 冬瓜と豚肉の喉ごしつるつるスープ [15分で作れる薬膳レシピ]

今年は梅雨の時点ですでに熱中症になる方が出てきています。
冬瓜は体を冷やし、余分な水分を排出してくれる食材です。また豚肉は汗で失われた水分を補給してくれます。その二つを組み合わせた、食欲がないときでもつるつる飲める簡単なスープのレシピをご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/418825/

ダルい・・・やる気がしない・・・それは「夏バテ」!

暑さに強く、夏バテしにくい体を作る方法

熱中症も夏バテも、実は「体温調節」の異常から引き起こる症状。
今から夏に負けない体を作るには、
・汗を上手にかく習慣をつける
・着るもので上手に体温調節
・湿度と風をうまく使って体感温度を下げる
この3ポイントがカギ!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/394970/

節電しなきゃ・・・でも眠れない!「エアコン」をうまく使うには?

夏の快眠を得るエアコン使用法

熱帯夜でも「つけっぱなしにしないで」エアコンを活用する方法、あります!
【エアコン活用術3か条】
1)壁を冷やす!
2)3時間タイマーで就寝!
3)風は体に当てないこと!
これで快適な睡眠を得られること間違いなし!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/416153/

夏になるとなぜか疲れる。それって「夏ストレス」では?

夏バテじゃない!「夏ストレス」にご用心

夏になると疲れてしまう。
でも、夏バテ対策をやってもちょっと違う。
実は、体じゃなくて「心」の問題かもしれません。
夏ならではのアクセル全開!状態を少し落として、骨を休める日を設けてみては?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/301515/

今年の注目は「PA++++」。日焼けはエイジングにも影響します!

紫外線によるたるみ老化を防ぐにはPA++++が常識

今年から、UVAのブロック力最高レベルの表示がPA++++になったのをご存知ですか?
「PA」?ナニソレ?なあなた!
シミ、たるみ、シワなどの肌老化を起こす原因の80%は年齢ではなく紫外線なのですよ!
紫外線の中でも特にUVAは、1年中、曇りの日でも窓を通り抜けて私たちの肌の奥を傷つけてしまいます。これから、1年のうちで一番紫外線が強くなる季節。
肌老化を残さない紫外線対策について、日焼け止めの選び方、塗り方について、ご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/413472/

エアコン冷えの体に・・・カンタン「薬膳」レシピはいかがですか?

特製マスタードソースで食べるサーモンソテー [15分で作れる薬膳レシピ]

夏はエアコンで体が冷えることがあります。
ついつい寝苦しくてエアコンを付けたまま寝てしまい、目が覚めたら体が冷え切っていた……そんな経験はありませんか?
一過性とはいえ、体内に入り込んだ寒邪をそのままにしていると夏ばてになりかねません。早めに寒邪を追い払うマスタードとサーモンを使った特製のレシピをご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/418828/