普段とは違うことをしてみる

刺激を取り戻すためには、これが王道かもしれません。デートの場所を変えてみたり、いつもとは違うメイクをしてみたり、時にはサプライズでキスをしてみたりすると、ドキドキがよみがえりやすいようです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/402726/

正直な気持ちを改めて伝える

長く付き合っていると、自分の気持を素直に相手に言葉で伝えることが少なくなってきます。そこで、会った時に必ず「ありがとう」や「好き」と声に出して伝えましょう。そうすると、付き合いはじめの新鮮な感覚がよみがえると同時に、互いに相手の存在の愛おしさを改めて実感できるでしょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/402726/2/

相手にばかり負担がかかっているのでは?と自省してみる

「最近なかなかデートの誘いがない」という人は、もしかしたら相手にばかり負担がかかっているのでは?相手がいつもデートプランを考えているのであれば、それが精神的負担になっているのかもしれません。なので、自分からも提案するなど、相手任せにしすぎないことが重要です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/222706/2/

一度、期限付きで距離を置いてみる

実際これはかなり荒療治ですが、これがきっかけで本当に別れてしまうようなら、ふたりはその程度の関係だったということです。離れたことにより、相手の存在の大きさに気づくことができれば、関係はより強固なものになるのでは?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/378789/2/

パートナーに感謝して、“安らげる関係”へと発展させる

マンネリはむしろ「愛の安らぎ」の始まりでもありますが、お互いへの感謝がなくなってきているのであれば、それは注意が必要です。まずはパートナーを大切にし、どんなに長い付き合いであっても、照れずに感謝の気持ちはきちんと言葉で言うことを心がけましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/416843/