いくつかの病気の可能性が考えられるようです

一時的なまぶたのピクピク

長時間のパソコン作業、睡眠不足などによる疲れ目により、一時的にまぶたにけいれんが起こりますが、休息や睡眠をとることにより、おさまります。それでもおさまらない場合には、以下の病気の可能性が考えられます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302954/

症例1.

下まぶたがけいれん……

顔面ミオキミアという病気の可能性があります。継続する場合には治療が必要になります。また、脳内部の病気などが要因となっている場合もありますから、注意が必要です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302956/

原因や症状、治療法は?

長時間のパソコン作業等による眼精疲労、睡眠不足から脳腫瘍(しゅよう)や炎症などの原因も考えられます。治療法としては、対症療法として抗けいれん薬が処方されます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302956/

症例2.

片側の目の周囲に軽いけいれん……

神経のトラブルによって発生する「片側顔面けいれん」かもしれません。同病の治療実績のある眼科か、神経内科や脳外科での検査と治療が必要になります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302956/

原因や症状、治療法は?

脳へ行く血管が顔面を動かす神経を圧迫し、神経を刺激していることが考えられます。対症療法として抗けいれん薬が処方されます。血管の圧迫を解除する手術療法もあります。近年では「ボツリヌストキシン療法」も実施されています。単に目の疲れからまぶたのピクピクが起こる場合とちがい、継続的に目のまわりのけいれんが起こる場合は、脳の病気など、その原因を詳細に調べる必要があります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302956/

症例3.

両目のまぶたがけいれん……

下まぶたのけいれんに始まり、そのうち両目の上下のまぶたがけいれんしたり、目がしょぼしょぼしたり、まばたきが多いのは眼瞼(がんけん)けいれんです。まぶたを開閉する筋肉(眼輪筋)が収縮して、自分の意思とは関係なく、まぶたを閉じてしまうような病気です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/322024/

原因や症状、治療法は?

まばたきが多い、目を開いていられない、まぶしさを感じることが多いなどの症状があげられます。原因が不明なため治療がむずかしく、対症療法がおこなわれています。精神安定剤、抗パーキンソン薬、抗てんかん薬の服用による薬物治療か、ボツリヌストキシン療法、手術によりまぶたの筋肉を短くして、まぶたを開きやすくするなどがあります。

単にまぶたのピクピクが、背後に思わぬ病気が隠れていたり、日常生活に不便を感じるような症状の進行に発展する場合があります。この病気をよく取り扱う眼科医か、神経内科、脳外科での検査や治療をうけるようにしましょう!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/322024/