痛風の症状・原因

病名の通り、ひどい痛みが特徴的で、骨折以上ともいわれるほどの強い痛みは「痛風発作」といいます。
痛風は「高尿酸血症」という病気が原因で起きる関節炎のことで、体内で増えすぎた尿酸の結晶が関節の中にできることで炎症を起こすのです。
尿酸は、食物にも含まれる「プリン体」が体内で代謝されてできる物質で、通常は尿中に排泄されます。排泄される前には血液に溶けた状態で存在していますが、尿酸の血中濃度が高い状態が続くと、血液に溶けきれなくなり、それが関節などに結晶として溜まってしまうことで炎症を起こし、激烈な痛みが起こります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302315/

痛風の治療法

痛風発作が起きた場合は、まず薬で炎症を抑えます。痛みや腫れが消えるまで炎症を治める薬を続け、炎症が完全に治まってから血液中の尿酸濃度を下げる薬を始めます。この際、急激に尿酸値を下げてしまうと痛風発作を誘発するリスクがあるので、薬は少量から始めて定期的な血液検査を行いながら3~6ヶ月かけて量を調節します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/302323/

まずは、痛くなる前に予防しよう!

ウイスキーで乾杯ならセーフ?

過度の飲酒はお酒の種類をとわずに痛風の原因となるとされていますが、ビールと異なり、蒸留酒のウイスキーは痛風発作の元となるプリン体を含んでいません。蒸留酒の焼酎もウイスキーと同様にプリン体を含みません。実際、ウイスキーも焼酎も痛風発作を起こしにくいお酒なのです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/300305/

運動時には水分補給を、コーヒーの砂糖も控えよう

運動中は筋肉に血液を送るために尿量が減少し、尿酸の排泄が落ちてしまいます。体温上昇を防ぐために発汗すると、汗中尿酸濃度は血中尿酸濃度より低い上に、脱水も加わって、血液が濃縮して、さらに血中尿酸濃度が上昇してしまいますので、こまめに水分を補給して下さい。
また、お茶はプリン体をほとんど含みませんが、コーヒーは砂糖を入れると砂糖中の果糖がプリン体の代謝に影響を与えるので、砂糖を入れるのはほどほどにしましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/300303/