初級編

基本的な断りワード

残念系、デメリット系、代替案系の3つの断りワードをまず使いこなせるようにしましょう。残念系は、 「せっかくなのですが……」「大変残念ですが……」のように、期待に添えないことが残念だと伝えるワードを使います。デメリット系は、引き受けるとかえってご迷惑をかけることを伝えます。代替案系は、文字通り代わりの案を提示します。分かりましたか?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/374362/

実践編

会社のランチの上手な断り方

「ありがとうございます。とっても行きたいのですが、残念なことに今日はかなり前から約束をしている学生時代の先輩との先約が入ってしまっているのです。どうしても断れないので、また次の機会にこれに懲りずにどうか誘ってください」
誘った側が「そういう事情があるのなら仕方ないわね」と納得すれば、またお誘いがあります。それが正しい断り方です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/297601/

仕事関係者から告白された場合の上手な断り方

■「好きな人がいるの。」
■「しばらく恋愛はしない…って決めてるの。」
■「忘れられない人がいるので。ゴメンなさい。」
■「恋人同士じゃなくて人間同士として信頼しあいたいの。」
これらのフレーズを使いましょう。ポイントは「あなたじゃ無理です!」という理由を表現しないこと。あくまでまったく他の場所にその理由があると思わせることが大切です。そうすれば、仕事に支障をきたすことなく断ることができます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/222329/

上手な仕事の断り方

仕事を断ること=仕事をつなぐことです。「今回の業務は日程があわずお請けすることができません。申し訳ありません。○日後の○日でしたら、担当可能です。宜しくお願いいたします。」というように、具体的に代替案を出すようにしましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/313676/2/