タイヤの空気は燃費にも影響!

タイヤの空気は、時間の経過とともに徐々に漏れてゆき、次第にタイヤの空気圧は下がってきてしまいます。

リンク: 燃費にも影響大! 放っておけないエア漏れ [タイヤ・ホイール] All About

クルマにはそれぞれ既定の空気圧が決まっており、それを大幅に下回ると走行時の安定性が悪化したり、バーストの危険性が高まるなど問題が出るばかりか、燃費にも悪影響を及ぼすのです。

リンク: 燃費にも影響大! 放っておけないエア漏れ [タイヤ・ホイール] All About

たかが空気圧と侮ってはいけません!

どうして空気圧が燃費に影響するの?

空気がしっかりと入ったタイヤは、路面との接地面積が適切な大きさで転がり抵抗も適度に抑えられています。しかし、空気が減って接地面が変形してくると、ころがり抵抗が大きくなる

リンク: 燃費にも影響大! 放っておけないエア漏れ [タイヤ・ホイール] All About

JAFのユーザーテストによれば、空気圧が0.5kg/cm2下がると、燃費も数%悪化するというデータがあるそうです。

ただ、空気圧を高めにすると転がり抵抗が少なくなるからと、あまり空気圧を上げすぎるのも考え物です

リンク: 燃費にも影響大! 放っておけないエア漏れ [タイヤ・ホイール] All About

空気圧が高すぎると、乗り心地やグリップ性能の悪化に加えて、タイヤの偏摩耗などの弊害も発生してしまいます。クルマごとに定められた空気圧は、ドアを開けたところや給油口のふたなどに明記されています。

燃費効果をさらに高めたいならエコタイヤ?

クルマの燃費に影響する要素としては、エンジン自体のエネルギー効率はもちろん、エンジンからの動力がタイヤに伝わるまでに失われる駆動ロスや空気抵抗などが挙げられますが、タイヤが転がるときに発生する転がり抵抗も無視できないものです。

リンク: エコタイヤでクルマの燃費が変わる!? [タイヤ・ホイール] All About

タイヤの転がり抵抗とは、タイヤ自体の変形やタイヤが転がるときに生じる路面との摩擦などによって生じる抵抗です。

リンク: エコタイヤでクルマの燃費が変わる!? [タイヤ・ホイール] All About

エコタイヤとは、この転がり抵抗を抑えることで、燃費の改善を実現したタイヤです。

リンク: エコタイヤでクルマの燃費が変わる!? [タイヤ・ホイール] All About

ちなみに、ひと昔前のエコタイヤは性能面で不安が残りましたが、現在のエコタイヤは転がり抵抗の低減と安全性が高いレベルで両立できるようになっているそうです。

エコタイヤ、性能面は問題なし!

実際にブリヂストンの最新エコタイヤ、『エコピアEP100』を使用し、そのインプレッションをお届け

リンク: ブリヂストンの最新エコタイヤを試す! [タイヤ・ホイール] All About

走り出しての第一印象としては、路面からの当たりが非常にソフトに感じられました。ひと昔前のエコタイヤのように、トレッドのゴムが硬いような印象はなく、路面の細かい凹凸もタイヤがしなやかに吸収してくれるような印象で、乗り心地はきわめて良好です。

リンク: ブリヂストンの最新エコタイヤを試す! [タイヤ・ホイール] All About

エコタイヤはふだん使いするうえでまったく問題なし。

ウェット路面での性能についてですが、この点に関しては、メーカーでも特に力を入れて開発してきているように、ひと昔前の省燃費タイヤにあったような怖さは、全く感じられません。

リンク: ブリヂストンの最新エコタイヤを試す! [タイヤ・ホイール] All About

ウェットな路面でも安全です。

気になるエコタイヤの燃費効果は……

一番驚いたのがアクセルを抜いて惰性で走っているときの感覚です。普通のタイヤを履いているときに比べて、明らかに減速感が少なく、クルマがスゥッと前に進んでゆき、なかなか止まらないように感じられたのです。

リンク: 2/2 ブリヂストンの最新エコタイヤを試す! [タイヤ・ホイール] All About

エンジンブレーキの効きが弱くなったかのような印象を受けるそうです。

この惰性で進む感覚をうまく使って走れば、燃費の向上にはかなり効果的だと思います

リンク: 2/2 ブリヂストンの最新エコタイヤを試す! [タイヤ・ホイール] All About

ふつうに走っているぶんには、燃費が変わった感じはそれほどないとのこと。

意識して惰性を活用することで、燃費が向上したのを確認できました

リンク: 2/2 ブリヂストンの最新エコタイヤを試す! [タイヤ・ホイール] All About

エコタイヤに合わせた走りをすることで、真の効果が望めるということですね。