ウォークインクローゼット基礎知識

使いやすいウォークインクローゼットの間取り

ウォークインクローゼットは2m×2m(1.2坪)程度の広さがあると、使いやすいです。幅が2mあれば、パイプを2列にして左右両側に洋服を吊るすことができるので、更に使い勝手がよくなります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/396893/

ウォークインクローゼット実例

広いウォークインクローゼット(約4畳)の例

「ウォークインクローゼット」 とは名前の通り、中に歩くスペースが必要。大物の収納や着替えもできます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/30840/2/

空き部屋をウォークインクローゼットに利用した例

ウォークインクローゼットを作るためには、まとめて面積を取る必要があります。そこでリフォームでは、空いている部屋にパイプを取り付けてそのままクローゼットにするケースも多いのですが、いくつか注意したいポイントがあります。それは……。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/396893/

収納パーツを利用した整理整頓しやすいウォークインクローゼットの例

四角い部屋にただパイプを取り付けただけでは整理整頓がしにくく、すぐに納戸のようになってしまいます。整理しやすくする収納パーツをご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/396893/2/

部屋と部屋を繋ぐウォークスルークローゼットの例

クローゼット内部が隣の部屋に抜けられるようになっているものを、ウォークスルークローゼットと呼ぶそう。ウォークスルークローゼットは、どちらの部屋からもクローゼットに出入りできて便利です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/396893/2/

回転するウォークインクローゼット

L型のウォークオンクローゼットのコーナー部にできるデッドスペースを活用するアイデアです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/178181/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項