予約はいつするのがいい?

最初に注意したいのはランチタイムやディナータイムのピーク時の電話は避けたほうがいいということ。

リンク: 格をあげる大人のマナー 今さら聞けないフレンチのマナー [フレンチ] All About

ピークの時間はお店のスタッフの方も忙しいですもんね。

予約は1週間以上前にはしたいところだが、人気店ともなれば1か月先まで満席ということも多いので注意したい。その場合は逆に空いている日を確認するという手もある。

リンク: 格をあげる大人のマナー 今さら聞けないフレンチのマナー [フレンチ] All About

予約はお早めに!

予約時に伝えておくべきこと

伝えておくべきことがあれば予約時にはっきり伝えたい。例えば誕生日や結婚記念日といった記念日の場合は遠慮なく伝えた方がいい。

リンク: 格をあげる大人のマナー 今さら聞けないフレンチのマナー [フレンチ] All About

レストランに伝わる情報は少しでも多いほうがいい、とのこと。確かに言わなきゃわからないですもんね。

予約の際は、席のこと以外にもチェックポイントがあります。「ジーパンはご遠慮頂いております」や「男性はジャケット着用」などのドレスコードの確認です。

リンク: 特別なお客様」になれるレストラン予約 [暮らしのマナー] All About

初めてのお店ならなおさらですね。

お子様もご一緒に行かれる場合、「お子様OK」をご確認してから、「子供が一緒なので、奥まった場所や、テーブル同士が離れているお席はありますか?」といった一言が、「デキるお客様」としてのあなたを印象づけます。

リンク: 特別なお客様」になれるレストラン予約 [暮らしのマナー] All About

高級店では子供NGというお店もあるので、事前に確認しておきたいものですね。

どうしても食べられないものや、医師に禁止されている食品があれば、それも予約の段階で伝えておくといいでしょう。

リンク: 特別なお客様」になれるレストラン予約 [暮らしのマナー] All About

アレルギーなども事前に伝えておいたほうがいいですね。

予約時に「日時・人数・お名前」だけでなく、必要な情報を伝え、そして入手することは、快適なお食事のひとときを手に入れるための条件です!

リンク: 特別なお客様」になれるレストラン予約 [暮らしのマナー] All About

こちらから伝えるだけでなく、情報を入手することも必要ですよね。

マナーをマスターして、お店に「特別なお客様」と思われるには?

お店にとって「特別なお客様」になるコツ

みなさん、レストランの予約を、ただ席を確保することだけに用いていませんか? レストランの予約のマナー・コツを押さえておけば、最高のサービスを受けることができることでしょう。当日の電話やおしぼりに関してなど、ぜひご一読ください。

出典: レストラン予約のマナー!お店にとって「特別なお客様」になるコツ [暮らしのマナー] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項