ドラッカーの生い立ち

1909年オーストリア生まれの経営学者で、人類史上初めてマネジメントという分野を体系化した人です。父はオーストリア・ハンガリー帝国の外国貿易省長官で、母は医学を専攻した人でした。ドラッカー家は精神分析学者のフロイトや経済学者のシュンペーターなど、ヨーロッパの知識人が集うサロンでもあったので、幼い頃からそのような人たちと交流がありました。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/405505/

ドラッカーの考え方

基本思想

ドラッカー経営学の基本思想は「人間の幸せ」と「貢献」という2つの言葉に集約されます。幸せになるためには、自由と責任が必要だと考えており、「単に好きなことをするだけでは自由はもたらされない。気ままにすぎない。それではいかなる成果もあげられない。いかなる貢献も行えない。自らの貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由となる。責任をもつがゆえに自由となる。」と言っています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/407916/

組織が果たすべき3つの役割

ドラッカーは、組織を運営するマネジメント層が組織を機能させ、貢献へと導くには次の3つの役割を果たさなくてはならないと言います。
・自らの組織に特有の目的と使命を果たす
・仕事を生産的なものにし、働く人たちに成果をあげさせる
・自らが社会に与えるインパクトを処理するとともに、社会的な貢献を行う
3つ目の項目については少し説明すると、組織の活動によって生じた社会への影響(公害や臭い、騒音など)を処理しなければならないということです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/410223/

企業の目的は顧客の創造である

ドラッカーが企業の目的として定義しているのは、ただひとつ「顧客を想像すること」だけです。つまり、顧客の集合体としての市場を創り出すことが企業の目的だと言うのです。顧客の潜在的な欲求を引き出すこともこの中に含まれ、最近でいうとユニクロのヒートテックが好例といえるでしょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/412333/

企業に必要な機能

ドラッカーは、企業には4つの機能が必要だと言っています。具体的には、マーケティング機能とイノベーション機能、経営管理的機能と成果測定のための利益の機能です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/414744/

ドラッカーの影響力

影響を受けた人々

世界中の多くの著名人に影響を与えてきました。GEの元CEOであるジャック・ウェルチ氏や日本でも有名なところでは、ユニクロの柳井社長やイトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊氏、パナソニック元社長中村邦夫氏などがあげられます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/408783/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項