世界中で人気のベルギービール『ヒューガルデン・ホワイト』(ベルギー)

小麦とコリアンダーの種、オレンジピールと果実などで風味づけされた、ベルジャンスタイルのホワイトビール。口の中に広がるほのかな酸味・苦味・甘み・スパイシーさは、顔を出したり引っ込めたりと、複雑な味わいが口の中で広がります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/220283/

今もなお伝統的な醸造法で作られる『カンティヨン グーズ』(ベルギー)

数あるベルギービールの中で、最も伝統的醸造方法を守っているのはランビックと呼ばれるカテゴリー。カンティヨン醸造所は、ブリュッセル・ミディ駅の傍で醸造を続けている、ベルギーを代表する醸造所です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/414922/

ピルスナーの元祖『ピルスナー・ウルケル』(チェコ)

私たちがビールといって思い浮かべる「特有の苦味に、爽快感のある喉越し、きれいな淡黄金色のビール」が、ピルスナータイプのビール。世界でも主流になっているピルスナータイプのビールの元祖が『ピルスナー・ウルケル』です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/220276/

ファミリーの伝統と歴史が詰まった『ボストン・ラガー』(アメリカ)

先祖代々のレシピを復活させた、アメリカの小さな醸造所で作られているビール。とても上品で、味わい深く、存在感たっぷりのこのラガーは、何度飲んでも飽きることのない、そんな1本です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/220275/

開国とともに日本でも飲まれていた『バス・ペールエール』(イギリス)

明治時代の日本人も飲んでいたかもしれない『バス・ペールエール』。ナポレオンやエドガー・アラン・ポーなどがファンだったといわれています。モルトとホップがバランスよく香り、強すぎないモルトとホップに、さっぱりしたミネラル感を特徴とした味わいです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/220274/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項