「育休3年」で、実は女性は活躍できなくなる!?

「3年間育休」は、育児経験のない男性視点の妄言

安倍首相が掲げる「3年間抱っこし放題」というのは、育児に関わった事のない男性が掲げそうな話だ。仕事をしたい女性ならば1年間の育児休暇の後、すぐに復帰したいだろう。今、必要なのは「女性が育児を頑張れる環境の増加」ではなく「男性が育児に参加できる仕組みの整備」だ。

出典: http://newsdig.jp/w/27294

育休3年の前に、今より半年だけ伸ばして欲しい

散々批判がでている「育休3年」案。育休3年というのもすばらしい案なのかもしれませんが、そもそも今の育休の仕組みに欠陥があるのです。もう少し、現場の小さな出来事を1つ1つ見つめて、いま本当に何が必要なのかを考えて欲しいのです。

出典: http://newsdig.jp/w/28023

育児休暇3年プランで得をするのは誰?

育児休暇3年プラン、現場と乖離してるように思うのです。現場を知らずに「仕事社会で女性を活用する」というアベノミクスの提唱は、本当に建前すぎる建前で、結果「働く女性を応援していない」ということになってしまいそう。

出典: http://newsdig.jp/w/27372

働き方も、ライフプランとして考える

アベノミクスで女性支援の施策が打たれていますが、女性が育児をがんばれるような施策はどんどんやるべきです。働き方の選択肢は多いほうがいいに決まっています。出産しても働き続けるための環境整備は、まだまだ不足していると考えているからです。

出典: http://newsdig.jp/w/28617

男女格差万歳!

安倍首相が打ち出した、「3年間抱っこし放題」プラン。ずいぶんあちこちで攻撃されています。でも働き方にしろ、子育てにしろ、女性には男性とは違った壁があるのでたとえ迷走だとしても、支援は嬉しいと思います。

出典: http://newsdig.jp/w/28112

当面見送りになった「女性手帳」、ここが問題だった!

女性手帳で学べる知識で、少子化問題は解けるのか

そもそも、今の晩婚化・少子化は、知識の欠如が原因ではありません。目の前の経済的な問題と、将来の不安、結婚したくても出会いがないこと、不妊治療の敷居の高さ等の理由により、結婚・出産をしたくてもできない人が増えているのです。

出典: http://newsdig.jp/w/27366

「女性手帳」、ほんとは誰のため?

結婚する時期も、子供を産む時期(授かるとき)も、それぞれ個人でだいぶ幅がある。知識ではなく、まずは環境を整えることこそが、必要な対策ではないか。

出典: http://newsdig.jp/w/26904

女性手帳は晩産化に拍車をかけそう

女性手帳は、晩婚化に歯止めをかけるどころか、拍車をかけるのでは? 若者に出産の仕組みを教えることはいいことですが、それによって計画的な人生設計をさせても、いまの子育て環境などを考えると、恐れをなして(?)、晩産化は加速するばかりでは?

出典: http://newsdig.jp/w/26918

日本の「女性手帳」導入に対するスウェーデン的反対論

私が住んでいるスウェーデンでは、働いている会社などにかかわらず、全国統一で同じ育児休暇制度を使えます。それをみても、保育所増やし、育児休暇制度を変え、子どもを安心して生んで育てられる社会にするためにお金をを使う方がいいだろうと思います。

出典: http://newsdig.jp/w/26936

産みたいけど、産めないのが現実では?

お金や生活が絡む場合には知識があることと、それを実践することは全く別の問題。そう考えると、まずは、産みたいと思う人が安心して産めるようにするというのが現実的な路線だし、誰もがハッピーになれる路線ではないか。

出典: http://newsdig.jp/w/26952

女性手帳の役目は出る前から終わった。ありがとう、さようなら、女性手帳。

女性手帳、これだけメディアに取り上げられ議論になったことで、政府が宣伝したかったらしい「晩婚・晩産には比較的リスクが伴いますよ」という事実は、わざわざ女性手帳なんか印刷しなくても、だいぶ周知されたのではないでしょうか。

出典: http://newsdig.jp/w/27373

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項