スーツの領収書を集めて!サラリーマンの特定支出控除

「サラリーマンの特定支出控除の拡大」というニュースを聞いたことはありませんか? 2013年分から範囲が拡大&基準の見直しがされ、仕事のために買ったスーツや雑誌などを経費として所得税のキャッシュバックを受けられる可能性があるんです。今からしておくべきことを紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/413610/

今からできる!来年の医療費控除で慌てないコツ

毎年毎年、確定申告の医療費控除の準備をしようとして「レシートが見つからない~」などと大変な思いをしていませんか?そこで、来年のスムーズな確定申告に向けて、今からできるレシートの上手な保管法についてお伝えします。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/414734/

サラリーマンの3分でわかる「貸借対照表入門」

貸借対照表は財政状態の把握には欠かせない財務諸表と言えます。しかし、受取手形、売掛金あるいは、支払手形、買掛金と個々の数字を追っても何も見えてはきません。貸借対照表を読みこなすポイントは体力・腕力・脚力の3点です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/398213/

サラリーマンの節税法「株の損を取り戻す」

上場株式等の配当金を受け取ったときの課税は、所得税7%・住民税3%が源泉徴収され、申告せずに放置しておいても問題はありません。ただし、申告不要だからといってそのままにしておくと本来支払う必要のない税金を支払っているかもしれません。ここでは、その節税手法のひとつ、配当控除をご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/396468/

サラリーマンの節税法「保険料控除を活用するには」

平成23年分より、生命保険料控除の最高額は10万円から生命保険料控除の最高額は12万円にアップされています。ところが、一般タイプのものと個人年金タイプのもの、介護医療保険タイプのものと個別にみると控除額が5万円から4万円に引き下げられており、控除額が増えるのか減るのかわからないと感じる人もいるでしょう。実務で受けた相談事例や国税庁の文書回答なども踏まえ、保険料控除のポイントを解説してみました。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/396173/

消費税増税前に買っておくと得なモノ

増え続ける日本の借金、高齢化による社会福祉の支出などを考えると、消費税の税率アップが現実的になってきました。では、「消費税増税の前に買っておくとお得だと思われるもの」とは? 消費税の課されるもの、課されないものという視点で見ていくとヒントがありそうです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/395250/

医療費のレシートでお金が戻る!

年間10万円以上の医療費がかかった人は、医療費控除として確定申告をすればお金を取り戻すことができます。ただ、申告して税金を取り戻すためには医療費のレシート等が必要になります。レシートのとりまとめのポイントから、申告手続き上の注意点まで、医療費控除の手続きの基礎をレクチャーします!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/390035/

交際費の節税

「交際費は経費にならない」と思い込んでいませんか?交際費でも支出方法によっては全額経費になります。今回は、税務調査でも必ずチェックされる交際費についてお送りします。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/298226/

めざせ節税!ちょっと賢い「株」の確定申告

節税の方法はいろいろ示されていますが、株売買においての節税も忘れたくないところです。儲けた人も、損した人も増税ムードの時代だからこそ、賢く節税していきましょう。ちょっと賢い「株」の確定申告の方法をご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12217/

サラリーマンなのに確定申告が必要?

大部分のサラリーマンの方は、給与の支払者が行う年末調整によって所得税額が確定し、納税も完了しますから、医療費控除や住宅ローン控除が関係なければ、確定申告は必要ありません。しかしひょっとすると、確定申告で税金が取り戻せるかもしれません。株で儲かった、空き巣に入られた、マイホームを買った・売ったなど、去年一年間の出来事を思い出してみてください。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12798/

会社員でもお金が戻る?チェックシート

「確定申告?うちはサラリーマン家庭だから、会社で年末調整していて縁がない・・・」などと決めつけていませんか?税金を取り戻せるチャンスを取り逃がしているかも!?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12591/