「お金使えない症候群」で人生ソンしていませんか?

趣味もないし、仕事もつまんない。唯一うれしいのは、何かを安く買えた時!という人は、「お金使えない症候群」です。浪費をしないのはいいことですが、全ての価値基準が「安い!」にあると、本当にやりたい事好きな事を見失い、自分の可能性を狭めます。さあ、自覚症状がない人も、今すぐチェック!お金使えない症候群をなおしましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/391045/

2013年はお金への挑戦が不安を消す

2013年も、激動の年になりそうです。これからの日本は、世界経済は、どうなるかわかりません。そんな中、言いようのない不安を感じている人も多いと思います。私も不安がありますが、それ以上にワクワクしています。不安とワクワクを同時に抱えている状態ですが、未知の時代への期待感のほうが大きいと言えます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/405615/

30代の「老後のお金不安」を消すには?

まだ30代にもかかわらず、老後が心配という奇妙な発想をする人が増えています。この問題は考えるだけムダです。今の30代が老後を迎えるころには、現在の社会保障制度は崩壊し、まったく新しいものになっている可能性が大きいからです。不安を払拭する私なりの考え方をご紹介します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/391096/

不安でお金が使えない人の家計管理

お買い物は楽しいはず。なのに中には、「買ってしまった」と落ち込む人もいます。特に最近は、不安でお金が使えず貯めるだけの人も。安心してお金が使える家計管理を学びましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/11736/

40代からのお金の不安 教育・老後資金と相続対策

このコーナーも6回目になりました。今回は、40代から50代の教育資金の現実や準備プラン、相続対策をご紹介するとともに、老後に向けての資産形成の注意点や考え方をご紹介していきます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/397659/

福田彩乃さんに学ぶお金の不安とサヨナラする方法

日経WOMAN12月号で福田彩乃さんと、スペシャル対談をさせて頂きました。綾瀬はるかのものまねでブレイクし、バラエティー番組やドラマに引っ張りだこ。そんな彼女も、芸能界に入る前は普通の派遣社員でした。ところが、リーマンショックで突然失業するというつらい経験を持っています。そんなお金のピンチや、不安をどんなふうに克服するかお話を伺いました。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/401728/

死亡・病気…保険は万が一のお金の不安への備え

保険には入っているけれど、本当にこの保険でいいのか不安を感じている人が多いようです。そんな不安をクリアするには、まず、保険の役割と正しい入り方を理解することから始めましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/379748/

「老後資金に不安」な人が8割!解消法は?

ある世論調査で「老後に対する不安を感じているけれども、上手に対策を取っていない」という結果が明らかに!? 老後に備えて、しっかり対策をしていますか? 豊かな老後を過ごすための秘訣を伝授します!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/12498/

老後のお金が不安でも行動できない日本人

経済の行き詰まり、財政のひっぱく、政治の貧困などなど、日本人の未来が厳しいことをだれもが感じています。しかし、いざその対策となると、なかなか行動できていないのが現実のようです。未来に備えて今の行動を変える、それができれば不安は期待に変わり、痛みは喜びに変わります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/375522/

お金の不安に足を取られない、シングル女性の生きる道

マンションも買ったし、収入も十分。でも将来については不安だらけの45歳シングル女性。塩漬けの株式や放置したままの投資信託はどうすべき? 老後のためにもっと貯めるべき? そんなモヤモヤに長期投資家が示した道標は?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/378074/

わたしが長生きしたくない3つの理由

老後のお金が不安で長生きしたくない!「支出の不安」「年金収入の不安」「ライフスタイルの不安」3つの理由を考えます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/8396/

1日でも早くはじめて、漠然としたお金の不安を解放しよう

老後資金の3000万円も、初めの一歩から。考えてばかりいては1円も貯まりません。1日でも早くスタートできれば、それだけ有利に運用できるのです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/407980/