まずは基本から

好印象を与える転職面接のマナーと心構え

どんな業界でも、ジャケットは着用した方が無難でしょう。遅刻などのマナー違反はもってのほかで、入退室時はもちろん、帰る際に受付でもしっかりあいさつをしましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/298139/

面接官としっかり対話することが重要

面接で評価が高い人は、面接の場で面接官としっかりと対話をしているものです。相手の話をよく聞き、相手が関心を持ちそうな話を選んで重点的に話をしています。もともとお互いに他人であり、共通点もないはずであるという前提に立って話をするため、話がシンプルでわかりやすいのも特徴です。そして常に結論から先に話し、必ず具体的な事例を交えて話をしています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/387847/

経験がない職種をアピールする場合

少しでも似ている経験をアピール!

まったく違う仕事に見えても、業務の中での共通項を見つけ出してそれをアピールできることがあります。例えば、メーカーの購買担当から、インターネットのSEOコンサルティングの仕事に転職した、という人の事例があります。一見、まったく違う仕事に見えますが、データ分析を積極的に行って購買を担当していたので、分析をするときに使う考え方が、SEOコンサルティングの分析方法と類似している、という点をアピールポイントにしたそうです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/294387/

「なぜウチなの」と聞かれた場合の返答

入社に対する熱意を測るための質問なので、やはり熱意をアピール

この会社が第一希望じゃなかった場合にはリスクを伴いますが、「第一志望です!」という気持ちで熱意を伝えることが重要です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/296393/

圧迫面接を切り抜ける

感情的になるのはNG

多少は強い口調で反論してくるくらいの気骨を見せる人がいいという人事担当者もいますが、こういった例はまれで、大方は、何事にも冷静に対処できるかを見ようとしています。ときには開き直ってみるのもいいかもしれません。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/294338/

最後に聞かれる「何か質問はありますか?」に対する返答

たくさん質問をして熱意をアピール

事前に質問を用意する、会社について予習しておくというのは当たり前のことですが、中途入社で活躍している人について具体的に話を聞いてみたり、IR情報から質問をしてみたりしてみましょう。“質問力”を身につければ、他の受験者と差をつけることができます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/294315/