褒めるのではなく、感心する

まちがった褒め方をすると逆効果になることも。子供への関心を高めて、感心してみましょう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/412286/

自分で目標を設定させる

子どもに目標を与えるのではなく、子どもの立てる目標を親が聞くというスタンスが「やる気」につながります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/412288/

勉強は朝にする

朝の時間は、一日の中で最も頭が冴えるゴールデンタイム。ドーパミンやアドレナリンなどの脳内物質が大量に分泌され、集中力ややる気を生み出します。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/405314/

興味を持った瞬間を見逃さない

私たち大人が子どもたちに「勉強の楽しさ」を伝えてあげることが大切です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/408938/

新聞やニュースから社会科への関心を深める

新聞やニュースなど身近なところある教材を活用すれば、お子さんは社会科好きに!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/405624/

本に親しませる

読書の好き嫌いと、子どもの言葉の知識には大きな関係があるようです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/406219/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項