比較的初心者向け

運動不足を解消するためのチューブトーニング

チューブさえあればどこでもできるので、まさに運動不足解消にオススメです。チューブの種類を変えれば、負荷の量も変わってきますので、何種類か用意しておきたいところです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/391987/

肩こりを予防するために肩周辺の筋肉を鍛える

肩こりを解消するためには、筋肉の深い部分に刺激を与えることが必要。そのために、チューブを使ったトレーニングは最適なんです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/391988/

肩幅が広くなることは、実はビジネスにも有効らしいです

三角筋を鍛えると肩幅が広くなり、周囲に「頼もしい」という印象を与えることができます。それによって、交渉事を優位に進めることができるかも!?

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/383227/

中級者向け

鍛えてもなかなか胸板が厚くならない、そんな人は……

実は背筋のトレーニング不足が原因かもしれません。トレーニングする時には、体の表側と裏側とをバランスよく鍛えることが大切なのです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/384307/

上級者向けハードトレーニング

ダンベル並みの高負荷なトレーニング

負荷があまり高くない補助トレーニングと思われがちですが、最近ではダンベルに負けないくらい高負荷なトレーニングができるチューブも販売されています。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/400626/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項