1.プレーンノット

もっとも一般的な結び方です。まずはこれをぜひともマスターしてください。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/375976/

2.ウィンザーノット

元英国皇太子エドワード八世を意味する「ウィンザー公」の名を拝借している結び方。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/375980/

3.セミウィンザーノット

ウィンザーノットの手順をひとつ省略した結び方。ウィンザーノットと合わせて覚えておくといい。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/375993/

4.ダブルノット

かなり大き目の結び目が特徴のダブルノット。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/375998/

5.クロスノット

小剣を結び回して仕上げるクロスノット。これならネクタイでも着崩すことができます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/376001/

6.ダブルクロス

3.のセミウィンザーノットを二重巻きにする結び方。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/376088/

7.オリエンタルノット

オリエンタルノットは小さいノットが特徴の結び方。ニットタイやウールタイなど、厚手のタイを合わせるときにおすすめ。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/376089/

8.ブラインドフォールド

まるでスカーフかアスコットタイのような見え方のブラインドフォールド。フォーマルなシーンで活用できそう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/376091/

9.ドレスダウンプレーンノット

ノットの結び目をラフに見せるため、左右に引っ張ってリボンのように仕上げる、ドレスダウンプレーンノットの結び方。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/376094/

10.バルーンノット

プレーンノットの上部に大剣を引き出してロールを作り、「バルーン(風船)」のように見せる結び方。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/376099/

11.変形プレーンノット

仕上がりは7.の「オリエンタルノット」と同じ。最終的には鏡を見ながら小剣を後ろにずらして整えます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/376101/