毎年言ってる「今年こそはモテる」

2013年にモテる男の傾向を紹介した記事。内容を読みますと「“ダメ元”アプローチができる」「“接近コンタクト”ができる」、「相手の話が聞ける」男が今年はモテるという。つまりは女性との近接コミュニケーションが得意な人ということですね。やるぞ、あの娘のハートをゼロ距離射撃!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/405590/

衝撃、「頭ポンポン」は万能ではなかった!

「女性は頭ポンポンされるのが好き」。もはや刷り込みレベルで認識されているこの知識が間違いだとしたら――そんな恐ろしい話はない! 頭ポンポン万能主義者は正座して読み、心改めるべし!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/415448/

気をつけろ、少年らしさと幼稚さは別物だ!

少年らしさを失わない男はモテる。その説に倣って、私もふだんから歩き食いをしたり、人気ゲームの発売日に早朝から店頭へ並ぶなど、努めて少年らしい振る舞いをしてきました。しかし、一向にモテる気配がない。この記事を読む限り、私のやっていることは“幼稚”なだけだった可能性が浮上。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/403772/

女性向けだが、男が読んでもタメになる「30代が武器になる条件」

30代には30代の良さがある。そう言い聞かせて日々生きている私ですが、やはり20代のハツラツとした雰囲気を前にすると「ああ、勝てない」と意気消沈してしまいます。これは、そんな人へのエールとも言える記事。内容は女性向けですが、男性が読んでもタメになります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/397634/

自分もイケてる“群れ”に入りたい!

私がふだんつるんでいる仲間は、ハッキリ言ってイケてない。顔を合わせればゲームかマンガの話をして、足を運ぶのは激安居酒屋チェーンばかり。それはそれで楽しくもあるのだが、正直イケてる人たちのお仲間になりたいという願望は捨てきれない。この記事を読む限り、イケてる群れへ入るには「自分のバリューがともなわなければ」いけないとのことで正直ハードルは高いですが、諦めないことが大事なのです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/396623/

そして悟りの境地へ……恋人がいなくても幸せです!

実際のところ、いちばんタメになったのはこの記事だったりする。故郷のお父さん、お母さん、お嫁さんはまだ先になりそうだけど、とりあえず毎日楽しいです!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/405102/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項