5位 その好奇心にヤラレタ!「クンクン」

突き出された指をクンクン、初めて見るものはとりあえずクンクン。猫の「クンクン」は、その好奇心の強さがわかりやすい形で現れた仕草だ。自分の鼻先にマヨネーズを塗って猫に差し出せば、超近距離「クンクン」(とたまに、ペロペロ)が楽しめるだろう。ああ、一生クンクンされていたい!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/402676/

第4位 思う存分揉んでほしい!「モミモミ、フミフミ」

子猫によく見られる仕草「モミモミ」と「フミフミ」。ママのおっぱいを求めているのか、あるいは夢の中でおいしいご飯を食べているのか、とにかくかわいすぎる。「モミモミ」「フミフミ」なんて人間社会ではどうにも卑猥な響きの言葉だが、相手が子猫となればまったく問題ない。「もっと揉んで!揉みしだいてえぇぇ!」と絶叫したくなること請け合いだ。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/323918/

第3位 ちょっと代われ! と言いたくなる「ラブラブ」

親愛のスキンシップとして、猫同士で行われる鼻キスや口周りのペロペロ。する側もされる側も、そして見ている我々も幸せ極まりな仕草です。あまりにも幸せなので「ちょっと代われ!」と、顔を差し出したくなってしまいます。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/412935/

第2位 これを聞くために生きている!「ゴロゴロ」

喉をゴロゴロと鳴らす、猫ならではの感情表現。猫好きな方の中には、これを聞くために生きている人も少なくないでしょう(断言)。何を隠そう私も、猫のゴロゴロを聞くためにオモチャやまたたびやモンプチを買ってしまうのです。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/187768/

第1位 これをやられたらすべてが許せる!「スリスリ」

足元に寄ってきて、懐っこい表情で頭やお尻をスリスリ。なんと癒される行動だろうか。たとえ花瓶を割られた直後でも、ファミコンのリセットボタンを押された直後でも、スリスリをされればすべて許してしまう。そんな魅力が詰まったキング・オブ・猫の仕草である。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/415999/