いきなり未来の話ですが、今秋デビューの『ななつ星』は大注目です

クルーズトレイン『ななつ星』

クルーズトレイン「ななつ星in九州」は2013年10月15日に運行開始予定の九州を回る寝台列車。バーカウンターのあるラウンジカーでピアノの生演奏が聴けるなど、最上級の鉄道旅が満喫できそう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/408156/

JR九州はその他にも、水戸岡氏デザインによるオシャレ鉄道がいっぱい

『つばめ』『白いかもめ』『白いソニック』『青いソニック』『ゆふいんの森』と、惚れ惚れする鉄道がずらり

西日本の鉄道は、地域によって個性を主張している。利便性向上を図る山陰、山陽、キャラクター利用で存在感アップを狙う四国、車両デザインで勝負する九州といったところだ。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/4948/3/

ジャズ特急!? 『A列車で行こう』

ジャズの名曲をBGMに走る特急。A列車のAは天草、アダルト(大人)を表すように、車内に設置されたカウンターバーでハイボールを飲みながら大航海時代のヨーロッパをイメージしたレトロな雰囲気に浸りながら極上のムードある旅が味わえるというから、しびれる!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/415171/

この眺めは正に“走る居間”! 『SL人吉』

大正生まれの古豪SLハチロク。極上の車窓、展望席、ビュッフェ、ショーケースもある。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/18968/

煙が迎えてくれる! 観光特急『指宿のたまて箱』

JR最南端の路線・指宿枕崎線のユニークな観光特急列車『指宿のたまて箱』は乗車すると、ドアの上から白い煙が! 名称どおり、浦島太郎気分に浸れる。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/378401/

九州以外にも、さすがのデザインの鉄道が

かわいすぎる! 『いちご電車』

和歌山電鉄貴志川線の人気電車。沿線の名産がいちごとのことで、買って食べながら乗りたいですね。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/63226/

走るおもちゃ屋! 『おもちゃ電車』

同じく和歌山電鉄貴志川線の人気電車。車内はおもちゃ屋のようで、カプセルトイの自動販売機も!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/63226/3/

くつろいで富士山の絶景を味わえる『富士登山電車』

富士山を眺めることに徹底した電車。まるで応接間な内装で、ソファ席も!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/24768/2/

“日本一ゆたかな通勤電車”と言われる『富士急6000系』

フローリングの床、木製のつり革が印象的。落ち着いた中にも温かみを感じる車内。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/391103/

なんと水陸両用のバスも!

湖を泳ぐ! 『YAMANAKAKO NO KABA』

山中湖に「ザブン!」と入って進む、まさしくカバな、珍しい水陸両用バス。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/379099/2/

駅舎のデザインなども結構されています

趣向を凝らした、九州の水戸岡デザイン駅

九州では、鉄道だけでなく、駅でも水戸岡デザインが楽しめます。鹿児島県の隼人駅では、古代隼人族が竹細工にすぐれていたという史実に則り、地元の竹1600本で覆ったデザインにするなど、地域と密着しているのもポイント。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/384674/2/

いきなり鳥居! 『富士山』駅

富士山に一番近い鉄道駅、富士急行の富士吉田駅が富士山駅と改名され水戸岡デザインに。展望デッキもあり。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/382152/

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項