ほとんどジャングル

滝のような『荻平温泉』(秋田)

最寄りの住人すら存在を知らなかった湯を「草の中から発見した」という。温泉魂、すごすぎます……。

出典: 3/3 析出物の矢立と炭酸の野湯「八九郎温泉群」 [温泉] All About

川で流されているわけではありません……

思いっきり川……『塩川源泉』(沖縄)

海に注ぐ場所だそうで、とっても珍しい、国指定天然記念物の温泉(湧出泉)なのだそう。

出典: 3/3 沖縄の温泉2 掛け流し、銭湯、野湯 [温泉] All About

こんな道路脇でいいのでしょうか……

道路脇の『F温泉』

「余りにもオープンなので不審者として通報されかねないが」って(笑)。

出典: 3/3 野湯、地元専用共同湯ばかりの貴重な6湯 [温泉] All About

それにしてもいろいろとインパクトのある温泉地があるものですね

港内の至るところが温泉『硫黄島港温泉』(鹿児島)

「噴煙を上げる火山島の硫黄島には海岸に野湯がある」。なるほど……。

出典: 薩摩硫黄島の野湯温泉4ヵ所 [温泉] All About

乳頭温泉郷の『蛇の湯』(秋田)

「やや薄暗く、じめじめしているのでやはり評判のとおり蛇が出そうである」って、ちょっと勇気が要りますね……(冷や汗)。

出典: 2/2 乳頭温泉「鶴の湯」と野湯「蛇の湯」、新鳩の湯 [温泉] All About

ちっちゃい温泉というのも意外とあるものなのですね

林の中にある野湯『Z型温泉』(群馬)

「やはり野湯の垂れ流しはレアで感動的である」「誰が持ち込んだのかポリの池も面白い」「温度も適温で、新鮮さはこの上なしである」「温泉めぐりの楽しさを満喫できた貴重な野湯である」。確かにこの立地・条件で良い温泉だと盛り上がるでしょうね。興奮が伝わります。

出典: 2/3 群馬県の丸沼や白根、東小川温泉と野湯 [温泉] All About

湯船がない時にはビニールプールが活躍!

個人宅温泉溢れ湯『D温泉』

個人宅で源泉が壁から溢れているそう。しかも約50度とは……。

出典: 2/3 野湯、地元専用共同湯ばかりの貴重な6湯 [温泉] All About

ガスマスク必携の温泉も……

火口温泉『鬼が城温泉』(秋田)

2時間登山してたどり着いた白い世界。ガスマスクを「ときどき外してみて、硫化水素の濃さを確認する。しかし風もあり大丈夫なようだ」命掛けですね……。

出典: 6/6 今年の温泉ベスト10 <2008年 対談後編> [温泉] All About

ガスマスク&ビニールプールの究極湯。ただ「ガスマスク必携」と書いてあるのに、していないのが気になる……

ガスマスクがあっても風のない日は危険『I温泉』(群馬)

日本一の硫黄泉の万座温泉の野湯。温泉好きは温泉を飲む方も多いですが「飲むと摩訶不思議の味覚。甘い炭酸味中に酸味があり、あとで強力な薬味に変わる」「口の中でシュワーっと弾けるのは硫化水素を含んだ炭酸ではないか? 飲むとかなり危険のため 口に含むのみにした」とのこと……。情熱というものはすごいですね。

出典: 3/4 老神温泉と万座温泉の名宿と野湯2ヶ所 [温泉] All About

人生観が変わりそうな、荒涼とした世界の温泉

硫黄泉の流れる川『かもしか温泉』(宮城)

「山側には落石が危険なほどの岩場が頭の上に圧し掛かってくるような背景」。それはまた強烈ですね……。

出典: 4/4 青根不忘閣と峨々温泉、野湯かもしか温泉 [温泉] All About

川の流れが全て温泉『沼尻元湯』(福島)

「ここで使ったタオルは酸性のために後に、ボロボロになり自己崩壊した」。さすがに壮絶すぎます(笑)。

出典: 4/4 米沢の秘湯、滑川と姥湯、野湯 沼尻元湯 [温泉] All About

赤く染まる海岸『硫黄島港温泉』(鹿児島)

上でも紹介した噴煙を上げる火山島である硫黄島の海岸にある野湯。手掘りで浴槽を造り入浴するそうです。

出典: 2/3 薩摩硫黄島の野湯温泉4ヵ所 [温泉] All About