快適な環境は、まず空気作りから!

どんなにイイ車内環境を作っても、臭かったり、埃っぽかったりしたら台無し。そこで、何はなくともまずはイイ空気で車内を満たすところから始めてはいかがだろうか。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/376988/

シューズにもこだわってみてはいかがだろうか

皆様は寝るとき、どんな格好で床に入るだろうか。まさか、レザースーツをビシっと着込む人はいないだろう。睡眠に限らず、快適な環境を作るうえでは自身が身に着けているものも重要なポイントとなる。そこでクルマ運転時にオススメしたい身の回りのこだわりが、シューズ。運転のしやすいシューズを選べば、ひとつうえのドライビング体験ができるだろう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/193121/

当然あったほうがいいカーナビ

空気、靴と変化球が続いてしまった感も否めないので、そろそろ直球な情報をお届け。カーナビだ。改めて言うまでもないが、最近のカーナビはナビ以外にも便利な機能が盛りだくさんなので、購入するうえで基礎知識はしっかりと身につけておきたいところ。ちなみにこちらは連載記事となっており、紹介するのはその第1回となっている。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/386909/

ETCもぜひ!

料金所を目前にして、「財布財布……」と慌てた経験を持つ人は少なくないと思う。快適な車内環境を目指すなら、慌てるという状況がないようにしたいもの。説明が非常に回りくどくなったが、つまりはETCを搭載しておいたほうがイイということだ。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/193120/

安全の追求も快適な環境につながる――ドアミラーの視界を確保だ!

雨の日の運転は何かと不安なもの。そして不安な運転は、快適な環境とは言い難い。少しでも不安を解消する案として、ドアミラーの視界確保に気を使ってみるのはいいかもしれもない。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/193160/

より良い環境を目指すのであれば、音楽は欠かせない

極上の車内環境を求めるのであれば、音楽は欠かせない。シーン別におすすめの音楽を見ていこう。

出典: http://allabout.co.jp/Ad/202013/1/product/202013.htm

どんなに快適でも寝ちゃダメ!

快適な環境を前にすると、人は眠くなる。でも寝たらダメだ。快適な環境作りを進めるとともに、眠くならない努力も怠らないのが立派なドライバーである。眠気覚ましに効くドリンクをチェックして、快適なドライブを!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/218126/

もちろん、車内は清潔にね!

空気OK、身だしなみOK、カーナビOK、ET(以下略)。以上で、快適な車内環境は出来上がったわけだが、その状態をキープしてこそ本当に快適な環境と言える。クリーナーのひとつでも設置しておくのが、ドライバーのマナーだ。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/54/