バラエティー番組を制すものは会話を制す、最近だと壇蜜!

バラエティー番組は時代を映す鑑。そこに登場するタレント、ネタを追うことは、時代のトップランナーであるために必要不可欠な行為である。では、ここ最近でもっともホットな話題とはなんだろうか? 恐らく、セクシータレントの壇蜜だろう。壇蜜の何がスゴイのか、壇蜜の何が我々をそこまで惹きつけるのか!?エロス目的ではない壇蜜論、刮目して読むべし!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/413495/

とりあえずタランティーノ映画は抑えておこう

王道趣味のひとつである映画鑑賞。しかし、毎週のように公開される新作映画、レンタルショップに並ぶ膨大な量の過去作を前にすると、一体何を観るのが“イイ趣味“なのかわからなくなってしまう。そんな人はとりあえずクエンティン・タランティーノ作品を抑えておこう。ケレン味たっぷりの映像に音楽、そして真似したくなること間違いないしの会話劇。ちなみに、まとめ人のフェイバリットは『デス・プルーフ』です!

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/412329/

見た目は今風なのに、じつは落語に詳しいというギャップがイカす

ギャップのある人間は、センスが良く見えるものだ。たとえば、バシッとスーツ姿が決まっている男性が、とても落語に詳しかったら?あまりのギャップに、手強いライバルも完全にお手上げだろう。センスがよくなりたい人は、いますぐ「落語」サイトをチェックするべし。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gt/1697/

温故知新、クラシック音楽を知りセンスを身に付けよう

映画に並ぶ鉄板の趣味と言えば、音楽鑑賞だろう。では、どんな音楽を聴くのがイカしているのか? 温故知新ではないが、やはり古きを知ったうえでの最新知識は説得力を感じられるし、それ故にセンスも良く見えるもの。音楽でセンスを発揮したい人は、クラシックから学んでみるのはいかがだろうか? まずはクラシックのおすすめ名曲名演をチェックしてみよう。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/402563/

面白いゲームを語れるのはセンス○

現代社会において、ゲームをまったく遊んだことがない人というのはほんどいないと思う。また最近はニンテンドーDSやスマートフォン向けアプリなどの登場によって、ゲーム人口は拡大している。つまり、ゲームはじつに一般的な趣味と言えるのだ。では、ゲームでセンスの良さを発揮するにはどうすればいいのか? 答えは簡単、おもしろいゲームを知っているか否か、だ。まずは、ゲーム業界ニュースガイドが選んだ「2012年 本当に面白かったゲームベスト5」を読んで、センスを磨いてほしい。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/405466/

スポーツを趣味にするなら、いっそトライアスロン!

サッカー、野球、スキー・スノーボード、ゴルフなどなど、趣味としてスポーツを楽しむ人は少なくない。競技人口が多いことはいっしょに楽しむ仲間が見つけやすいというメリットがあるものの、“イカした趣味“観点から見ると当たり前すぎるという懸念も。そこで提案したいのがトライアスロン。鉄人レースなどと呼ばれ、とにかくハードな印象を抱きがちなトライアスロンだが、実際には短距離のレースも存在し、趣味の選択肢としてアリなものなのだ。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/412282/