糖尿病 ガイド 河合 勝幸

かわい かつゆき

糖尿病歴40年以上。常に最新の情報を集め・試し・実践!

35歳で2型糖尿病と診断され、糖尿病歴40年以上。セルフコントロールを徹底し、無事に乗り切っております。糖尿病に関する最新情報を集め、試し、実践してきた私自身のノウハウを中心に、セルフコントロールのモチベーションを高める関連情報をお伝えします。

活動実績

執筆ガイド記事本数457
メディア掲載実績3
執筆書籍数5

ガイドからの挨拶

こんにちは、「糖尿病」ガイドの河合です。糖尿病に関する一つのお話をご紹介しましょう。

ある時、有名なジョンズ・ホプキンス大学病院の糖尿病センターに、これ以上タフでクールな男はいないという三人の男性がそろったことがあります。一人はCIAの元エージェント、そして元海兵隊員、ニューヨーク市警の警官です。
まるでハリウッド映画のようですが、彼らは糖尿病の告知を顔色一つ変えずに受け止めて、職場にも家族にも打ち明けないで、鉄のような意志でコントロールしようとしました。
そして結果は……惨敗です。

糖尿病のある生活に大切なのは、意志の強さではなく、知識と計画性とサポートしてくれる人がいることです。そして、あなたも同じように仲間を支えることが出来ることをお忘れないように。
食事と運動が大切なのは誰でも分かっています。しかし、医師に強制されても続けられません。自分の生き方と健康の目標は、その人自身に決める権利と義務があるのです。

糖尿病は一人ひとりの状態がまるで違うので、教科書どおりの判断では治療が成り立ちません。治療の個別化、つまり個人が行う「アート」の部分がとても大きい病気です。このサイトで、糖尿病歴40年以上を無事に乗り切ったノウハウと、モチベーションを常に高める最新情報を皆様と共有いたしたく存じます。

メディア掲載実績

雑誌栄養と料理
外食するときはどうしたら…? 糖尿病と38年 河合勝幸さんの選び方、頼み方
2016年10月09日
雑誌MOM
<HEALTH>食後高血糖
2014年11月01日
雑誌ソトコト
コーナー「河合勝幸さんのヘルシー・ベジライフ。」~フレキシタリアン歴20年以上!~
2011年10月05日

ガイドの新着記事

  • より優しくより便利に!新しい血糖測定「FGM」とは

    より優しくより便利に!新しい血糖測定「FGM」とは

    糖尿病と歩む人生は、医学や薬、医療機器の進歩によって自身でコントロールすることが容易になってきました。その一方、患者自身の自覚と実行が求められる病気ですから、常に気が安まることがありません。しかしここへきて嬉しいことに、一番難しい血糖コントロールをサポートできる「FGM」という持続血糖モニタリングシステムが開発されました。患者の毎日が安全かつ安心に守られることが実現しそうです。

    掲載日:2017年03月02日糖尿病
  • 膵島移植の鍵を握る謎のホルモン「アミリン」

    膵島移植の鍵を握る謎のホルモン「アミリン」

    ブタからの異種膵島移植の試験が日本でも認可されたというニュースがありました。ブタからの膵島移植なら計画的に行えるのでドナー不足に悩むことがなくなるという論評が多いようですが、鍵を握るホルモン「アミリン」についても知識を深めたいところです。詳しく解説します。

    掲載日:2016年10月02日糖尿病