提供:全国生活協同組合連合会
PR

共済 ガイド 後田 亨

うしろだ とおる

長崎県出身、長崎大学卒。1995年より大手生保と10数社の保険を扱う代理店で約15年、営業職を経験後、営業マンと顧客の「利益相反」を問題視し独立。保険の有料相談、執筆、講演などに従事。「生命保険は入るほど損?!(日本経済新聞出版社)」ほか、著書・メディア掲載多数。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数18
執筆書籍数6

ガイドからの挨拶

私が保険販売に携わる仕事を辞めて独立し、有料で相談業務を行っているのは、営業担当者や代理店とお客様との「利益相反」の問題を解消したいからです。真に「顧客本位」であるためには、商品の販売実績に応じて保険会社から報酬を得るのではなく、お客様から情報提供料を受け取るのが筋だと思うのです。

このような私の選択に大きな影響を与えたのは、「都道府県民共済」と「ネット生保」です。ともに、営業マンの役割などについて反省させられるビジネスモデルだからです。

一般に、保険は加入者同士による「助け合い(相互扶助)」の仕組みであると説明されます。本サイトでは、共済の仕組みや商品などを通して、望ましい助け合いのあり方を再考していきます。

ガイドの新着記事

  • 保険で貯蓄を避けたい理由

    保険で貯蓄を避けたい理由

    保険貧乏になる人に共通しているのは、老後に備えて貯蓄型保険に多額のお金を使っていることです。実は、このような保険商品を利用した貯蓄はおすすめできません。その理由を、保険に精通する筆者が3つのポイントからわかりやすく解説します。

    掲載日:2020年08月03日共済
  • 保険を考える際のキーワードは「わかる・見える・助かる」

    保険を考える際のキーワードは「わかる・見える・助かる」

    家計を見直すポイントは、固定費の適正化。中でも保険の見直しがおすすめです。その理由と保険の賢い選び方を解説します。保障内容がわかりにくい保険、お金の流れが不透明な保険、高額な保険は、選択肢から外すと、都道府県民共済は一考の価値ありです。

    掲載日:2020年07月01日共済