景山 えりか

宇宙・天体 ガイド 景山 えりか

かげやま えりか

暮らしの中で星空や宇宙を気軽に楽しむ方法を提案するエキスパート

「星空を人生の一部に」をモットーに、自分とは無縁のように思える宇宙を身近に感じさせる記事を多数執筆。天文のみならず、暦や月の文化にも造詣が深く、星の世界を楽しむ方法を幅広く提案できるのが最大の特徴。わかりやすい表現と親しみやすい語り口に定評があり、執筆や監修、メディア出演など多方面で活躍中。

ガイド記事一覧

  • 中秋の名月が満月とは限らない理由

    中秋の名月が満月とは限らない理由

    一年のうちでもっとも美しいといわれる「中秋の名月」。この名月を満月のことだと思っていませんか? 中秋の名月と満月は、必ずしも一致しません。その理由を解説します。

    掲載日:2017年09月20日宇宙・天体
  • 太陽フレアって何?日常生活への影響は?

    太陽フレアって何?日常生活への影響は?

    2017年9月6日、太陽の表面で「太陽フレア」が発生し、大きく報道されて話題になりました。そもそも太陽フレアとはどのような現象なのでしょう? また、電子機器など日常生活への影響についてもわかりやすく解説し、太陽と私たちの関係に迫ります。太陽フレアの発生を事前に予測するために貢献している、太陽観測衛星「ひので」についてもご紹介。

    掲載日:2017年09月19日宇宙・天体
  • ペルセウス座流星群を楽しもう! 観察方法2017

    ペルセウス座流星群を楽しもう! 観察方法2017

    天文現象の中で、夏の風物詩といえば「ペルセウス座流星群」。毎年8月12日~13日頃に活動がもっとも活発になります。観察条件が良ければ、1時間あたりに40個以上の流星が見られることも! 観察に適した時間帯や方角なども解説。さあ、星降る夜を楽しみましょう。

    掲載日:2017年08月11日宇宙・天体
  • 8月8日は部分月食! 時間や方角、観察方法2017

    8月8日は部分月食! 時間や方角、観察方法2017

    2017年8月8日の夜明け前、全国で「部分月食」が見られます。今のうちに見える方角や時間帯などを確認して、当日は食の始まりから終わりまでを楽しみましょう。また、皆既月食や日食との違いについても解説します。

    掲載日:2017年08月06日宇宙・天体
  • 旬の星座を楽しむ【夏の星座】

    旬の星座を楽しむ【夏の星座】

    梅雨が明けると、いよいよ星空観察シーズンの到来です! 夏休みには、旅先や帰省先で星空を楽しんでみませんか? 天の川にそって位置している、夏の代表的な星座をご紹介します。

    掲載日:2017年07月08日宇宙・天体
  • 天の川が見える方角は? 時間帯や観察方法2017

    天の川が見える方角は? 時間帯や観察方法2017

    7月7日の七夕に、天の川を見てみたい! でも、広い空のどこを見たらいいのでしょう? いざ夜空を見上げたときに戸惑わないように、天の川が見られる方角、時間帯、観察のコツなどをご紹介します。

    掲載日:2017年07月07日宇宙・天体
  • 七夕の夜空に織姫と彦星を見つけよう! 星座の探し方

    七夕の夜空に織姫と彦星を見つけよう! 星座の探し方

    天の川の両岸に離れ離れとなってしまった織姫と彦星が、年に一度会うことが許されている7月7日。それでは実際の夜空では、織姫と彦星は本当に会えているのでしょうか? 七夕にまつわる星座や夏の大三角を夜空に見つけるコツをご紹介します。

    掲載日:2017年07月05日宇宙・天体
  • 初夏の赤い満月「ストロベリームーン」を見よう

    初夏の赤い満月「ストロベリームーン」を見よう

    いつでも同じように見える満月ですが、実は季節ごとに色合いや表情が違います。「ストロベリームーン」と呼ばれる夏至の頃の満月は、赤みがかった色が特徴です。ストロベリームーンの特徴や2017年の日程、赤く見える理由やジンクスまでご紹介します。

    掲載日:2017年06月09日宇宙・天体
  • 1光年は何キロ? 宇宙の距離を表す単位

    1光年は何キロ? 宇宙の距離を表す単位

    「●光年先に天体が発見された!」こんなニュースが飛び込んできても、その距離をイメージするのは難しく、なかなかピンときません。そこで、天文ニュースはもちろん、プラネタリウムの解説や星空ツアーのガイドなどでもよく使われる「光年」の意味について、わかりやすく解説します。

    掲載日:2017年05月27日宇宙・天体
  • ハレー彗星の名残、みずがめ座η流星群の観察方法2017

    ハレー彗星の名残、みずがめ座η流星群の観察方法2017

    毎年ゴールデンウィークの終わり頃に活動のピークをむかえるのが「みずがめ座η(エータ)流星群」です。その流星群のふるさとは、あの有名なハレー彗星。夜空を見上げれば、時空を超えた宇宙のドラマの目撃者になれます。2017年の観察しやすい日時や方角などを解説します。

    掲載日:2017年04月25日宇宙・天体