宇宙・天体 ガイド 景山 えりか

かげやま えりか

暮らしの中で星空や宇宙を気軽に楽しむ方法を提案するエキスパート

「星空を人生の一部に」をモットーに、自分とは無縁のように思える宇宙を身近に感じさせる記事を多数執筆。天文のみならず、暦や月の文化にも造詣が深く、星の世界を楽しむ方法を幅広く提案できるのが最大の特徴。わかりやすい表現と親しみやすい語り口に定評があり、執筆や監修、メディア出演など多方面で活躍中。

得意分野

・季節の星空案内
・天体ショーの楽しみ方
・日本の旧暦
・月の文化(お月見、月待)
・月のリズムをライフスタイルに取り入れる方法

ガイド担当テーマ

ガイドからのお知らせ

活動実績

執筆ガイド記事本数37
メディア掲載実績1
執筆書籍数2

ガイドからの挨拶

はじめまして。All About史上初の「宇宙・天体ガイド」を務める、景山えりかです。

最近、星空を見上げたことはありますか?

星空と聞くと、田舎や旅先で見る満天に輝く星々や天の川を思い浮かべてしまうかもしれませんが、それだけが星空ではありません。
自分の住む街に広がる空に目を向けてみてください。街灯りの影響で見えにくくなっているとはいえ、晴れていれば市街地でも美しい星の瞬きを目にすることができるはずです。

「忙しい」「時間がない」が口癖で、時計が刻む時間に縛られたあわただしい毎日を過ごしていると、頭上の美しさに目をとめることを忘れてしまいがちです。
けれど、嬉しいときも、落ち込んだときも、疲れているときも、どんなときでも、誰の頭上にも空は平等に広がっています。自分が意識しさえすれば、毎晩だって星を楽しむことができるのです。

人間の幸せのメカニズムを科学的に分析する近年の研究によると、人は物を得るよりも経験を得ることに幸福を感じるという結果が出ています。

広い空にお目当ての星座を見つけたときの嬉しさや、流れ星に出合ったときの感動。
空を見上げただけで得られる、そのような小さな経験は、私たちに確実に幸福感をもたらしてくれることでしょう。

家族や友達と一緒に、大切な人と二人きりで、自分だけでゆったりと。
星と過ごす時間は、心を豊かにする幸せなひとときです。

何かと忙しい日常生活の中で、そんなひとときを味わってもらえるようなきっかけを、ガイド活動を通してご提供していきたいと思います。

さあ、今夜から早速、星空を見上げてみませんか?

メディア掲載実績

テレビフジテレビ「めざましテレビ」
<これからNEWS>スーパームーン・観測へ
2016年11月14日

ガイドの新着記事

  • ペルセウス座流星群を楽しもう! 観察方法2017

    ペルセウス座流星群を楽しもう! 観察方法2017

    天文現象の中で、夏の風物詩といえば「ペルセウス座流星群」。毎年8月12日~13日頃に活動がもっとも活発になります。観察条件が良ければ、1時間あたりに40個以上の流星が見られることも! 観察に適した時間帯や方角なども解説。さあ、星降る夜を楽しみましょう。

    掲載日:2017年08月11日宇宙・天体
  • 8月8日は部分月食! 時間や方角、観察方法2017

    8月8日は部分月食! 時間や方角、観察方法2017

    2017年8月8日の夜明け前、全国で「部分月食」が見られます。今のうちに見える方角や時間帯などを確認して、当日は食の始まりから終わりまでを楽しみましょう。また、皆既月食や日食との違いについても解説します。

    掲載日:2017年08月06日宇宙・天体