介護 ガイド 中山 奈保子

なかやま なおこ

震災の体験から介護予防・リハビリの普及に努める作業療法士

平成10年作業療法士免許取得後、病院・養成校での勤務を経て二児の母となる。東日本大震災後の暮らしを記録し後世に伝えるコミュニティ「三陸こざかなネット」の運営と併行し、リハビリ複合型サービスを展開する一般社団法人りぷらす(宮城県石巻市)理事として、介護予防・リハビリテーションの普及に従事している。

得意分野

医療、保健、リハビリテーション、介護予防、理学療法、作業療法、運動学、脳機能、認知機能、老年期障害

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数21
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

介護は高齢者やその家族にのみ課せられた問題ではありません。特に、介護の予防は子どもから大人まで世代にかかわらず関心を持って行くことが大切です。出来る限り介護に頼らない、生き生きとした老後の生活を目指して、病気や障害、災害に負けない強い心と身体を家族や身近な仲間と一緒に作っていきましょう。

ガイドの新着記事

  • 81歳女性が杖なしで歩けるようになった5つの理由

    81歳女性が杖なしで歩けるようになった5つの理由

    要介護状態の改善を目的としたリハビリでは、筋力トレーニングやストレッチなどの身体機能訓練(運動)が欠かせません。ただし、運動だけで良い結果を出すのは困難です。本人の意欲はもちろんのこと、周りで支える家族や介護サービス担当者との関わり方がリハビリの成果に大きな影響を与えます。

    掲載日:2016年01月17日介護
  • ゴールなき障害受容プロセスを支える3つのアプローチ

    ゴールなき障害受容プロセスを支える3つのアプローチ

    障害受容は、自立生活や社会参加を促すリハビリの成果を左右する重要な要素と言われていますが、支援者の思い込みや安易な解釈により無理強いすると相手の自由な意思や価値観を阻害してしまう恐れがあります。お互いが納得・満足の行く暮らしに落ち着くために、ゴールなき障害受容のプロセスに寄り添う家族や支援者に求められるポイントやアプローチ方法について紹介します。

    掲載日:2015年12月09日介護