介護 ガイド 中山 奈保子

なかやま なおこ

震災の体験から介護予防・リハビリの普及に努める作業療法士

平成10年作業療法士免許取得後、病院・養成校での勤務を経て二児の母となる。東日本大震災後の暮らしを記録し後世に伝えるコミュニティ「三陸こざかなネット」の運営と併行し、リハビリ複合型サービスを展開する一般社団法人りぷらす(宮城県石巻市)理事として、介護予防・リハビリテーションの普及に従事している。

得意分野

医療、保健、リハビリテーション、介護予防、理学療法、作業療法、運動学、脳機能、認知機能、老年期障害

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数22
執筆書籍数1

ガイドからの挨拶

介護は高齢者やその家族にのみ課せられた問題ではありません。特に、介護の予防は子どもから大人まで世代にかかわらず関心を持って行くことが大切です。出来る限り介護に頼らない、生き生きとした老後の生活を目指して、病気や障害、災害に負けない強い心と身体を家族や身近な仲間と一緒に作っていきましょう。

ガイドの新着記事

  • 後を絶たない高齢者の介護事件…家庭介護の「心構え」

    後を絶たない高齢者の介護事件…家庭介護の「心構え」

    親の介護は、ある日突然始まるもの。昨今、家庭介護を巡る殺人や心中、殺傷致死などの事件が後を絶ちません。家庭介護で特に重要なのは、病院を退院する直前・直後の対応。この話し合いが不十分になると、最悪、家庭環境の破綻を引き起こす恐れも……。痛ましい事件を減らすためにも、介護する側・される側の双方が納得のできる形で家庭介護をスタートさせることが大切です。

    掲載日:2017年02月09日介護
  • 81歳女性が杖なしで歩けるようになった5つの理由

    81歳女性が杖なしで歩けるようになった5つの理由

    要介護状態の改善を目的としたリハビリでは、筋力トレーニングやストレッチなどの身体機能訓練(運動)が欠かせません。ただし、運動だけで良い結果を出すのは困難です。本人の意欲はもちろんのこと、周りで支える家族や介護サービス担当者との関わり方がリハビリの成果に大きな影響を与えます。

    掲載日:2016年01月17日介護